【開催中】楽天お買い物マラソン

【徹底解説】マジカルエアーの種類と違い!クッションやプラス・各モデル比較

アップリカのB型ベビーカー「マジカルエアー」

マジカルエアーの違いが分からない・・

メーカーに問い合わせるよ

ということで、マジカルエアーの種類と違いをお伝えします。

MEMO

この記事では、アップリカに問い合わせて分かったマジカルエアーの違いを徹底解説。

基本モデル・プラス・クッションの違いや、AF・AE・AC・ABの違いも解説します。

知っておきたいマジカルエアーの特徴

マジカルエアーはグレードの異なる3つのモデルが販売されています。

  • マジカルエアー(基本モデル)
  • マジカルエアー プラス
  • マジカルエアー クッション

マジカルエアー⇒プラス⇒クッションの順に性能がUPし、それにともなって本体重量と価格が上がります。

軽さと値段を重視するなら基本モデルのマジカルエアーですし、性能を求めるならクッションという感じですね。

マジカルエアーとプラスの違い

マジカルエアーとマジカルエアープラスの違いは3点

  1. 洗濯機OK
  2. メッシュシート
  3. ワイドタイヤ

プラスではシートがメッシュ素材になり、洗濯機OK。さらにダブルタイヤの幅がワイドになり安定性が増しています。

通気性とお手入れにしやすさがプラスされた印象ですね。

マジカルエアープラスとクッションの違い

プラスとクッションの違いは2点

  1. 座面クッション
  2. リバーシブルシート

マジカルエアークッションはプラスの性能をそのままに、振動を吸収する座面クッションを搭載し、赤ちゃんへの負担を軽減したモデルです。あと簡単着脱シートがリバーシブルになりました。

【比較表】マジカルエアー 3つのモデルを比較

マジカルエアー3種類(基本モデル、プラス、クッション)の比較表を作ってみました。

*最新モデルで比較

商品名 マジカルエアーAF
プラスAF
クッションAC
価格 約17,600円 約22,000円 約31,900円
サイズ(mm) 開:W445×D765×H1050
閉:W445×D310×H932
開:W456×D762×H1050
閉:W456×D340×H934
開:W455×D766×H1033
閉:W455×D309×H940
本体重量 3.2kg 3.7kg 3.9kg
振動吸収 ゆれぐらガード ゆれぐらガード ゆれぐらガード
ωクッション
タイヤ ダブルタイヤ ワイド&ダブルタイヤ ワイド&ダブルタイヤ
カゴ フロントイン・ビッグバスケット
シート素材 コットン メッシュ メッシュ
着脱シート洗濯 手洗い 洗濯機 洗濯機
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー
フロントガードが持てる ×

 

軽さと安さならマジカルエアー(基本モデル)ですね。

シートがコットンで手洗いという点はご留意ください。

⇒マジカルエアーの比較へ

 

メッシュシート&洗濯機で洗いたいならマジカルエアープラスです。

基本モデルに+4,000円でお手入れが簡単になるのは魅力的だと思います。

⇒マジカルエアープラスの比較へ

 

赤ちゃんへの振動を軽減したいならマジカルエアークッションです。

最新モデルACには座面にωクッションが搭載され、振動吸収がかなりUPしています。

⇒マジカルエアークッションの比較へ

マジカルエアー(基本モデル)

マジカルエアーは3.2kgとアップリカB型ベビーカーの中で最軽量。

基本モデルとなるマジカルエアーは3種類あります。

  1. マジカルエアーAF
  2. マジカルエアーAE
  3. マジカルエアー

現在、購入できるのは最新モデル「AF」と旧モデル「AE」の2つです。

AFとAEの違い

マジカルエアーAFとAEの違いはビッグバスケット!

最新モデルのAFはカゴに前からも出し入れが可能になりました(フロントイン)

AEのカゴは後ろからのみ。

これ以外の機能はまったく一緒です◎

価格もAFの方が安いので、現状スタンダードモデルならマジカルエアーAFがおすすめです。

【比較表】

おさらいも兼ねて、マジカルエアーAFとAEを比較してみます。

商品名 マジカルエアーAF
マジカルエアーAE
価格 約17,600円 約18,200円
サイズ(mm) 開:W445×D765×H1050・閉:W445×D310×H932
本体重量 3.2kg
振動吸収 ゆれぐらガード
タイヤ ダブルタイヤ
カゴ フロントイン・ビッグバスケット ビッグバスケット
シート素材 コットン
着脱シート洗濯 手洗い
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

違うのはカゴだけですね。ベビーカーの性能は一緒です。

新しいAFの方が安いので、基本モデルは「マジカルエアーAF」1択になります。

マジカルエアープラス

MEMO

マジカルエアープラスはメッシュシート&ワイドタイヤになり、快適性がプラスされたモデル。

着脱シートは洗濯機で洗えるようになったのでお手入れがラクです。

マジカルエアープラスの最新モデルは「AF」、旧モデルは「AE」です。

*現在、2つ前のモデルADはもう売っていません。

マジカルエアープラスAFとAEの違い

マジカルエアープラスAFとAEの違いは「カゴが大きくなり、持てるフロントガードになった」

▼カゴの違い

▼フロントガードが持ち手になる

最新モデル「AF」では折りたたみ時にフロントガードが持てる仕様になりました。

抱え込むように持てるので楽ちんです。

【比較表】

マジカルエアープラスのAFとAEを比較してみましょう。

商品名 プラスAF
プラスAE
価格 22,000円 確認できず
サイズ(mm) 開:W456×D762×H1050
閉:W456×D340×H934
本体重量 3.7kg 3.6kg
振動吸収 ゆれぐらガード
タイヤ ワイド&ダブルタイヤ
カゴ
シート素材 メッシュ
着脱シート洗濯 洗濯機
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

マジカルエアープラスAFの方がカゴが大きくなったので、本体重量が+0.1kgです。

旧モデルAEは通販で売ってなかったので値段が確認できずでした。

マジカルエアークッション

MEMO

プラスの性能はそのままに、座面クッション(しなやかクッション・ωクッション)を搭載し、クッション性をUPさせたモデル。

本体重量は3.9kg。女性がラクに持ち運べるベビーカーは5kgまでと言われているので、マジカルエアークッションも軽量ベビーカーの範囲になります。

マジカルエアークッションの最新モデルは「AC」、旧モデルが「AB」です。

現在、この2つのモデルが購入可能なため違いを解説していきます。

ACとABの違い

マジカルエアークッションACとABの違いはωオメガクッション

  • AB:しなやかクッション
  • AC:ωクッション

最新モデル「AC」には振動を*約32%軽減するωオメガクッションが搭載されました。

*しなやかクッションに比べて

ACはより振動を吸収してくれるので赤ちゃんへの負担が減っています。

【比較表】

マジカルエアークッションACとABを比較表で確認してみましょう。

商品名 クッションAC
クッションAB
価格 31,900円 23,980円
サイズ(mm) 開:W455×D766×H1033
閉:W455×D309×H940
開:W456×D762×H1050
閉:W456×D340×H934
本体重量 3.9kg 3.9kg
リクライニング角度 117°~143° 122°~139°
座面クッション ωクッション しなやかクッション
ゆれぐらガード
タイヤ ワイド&ダブルタイヤ
カゴ フロントインのビッグバスケット
シート素材 メッシュ
着脱シート洗濯 洗濯機
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

座面クッション以外の性能は同じです。

サイズとリクライニング角度が微妙に違いますが、気にするほどの差ではありません。

 

まずおすすめなのは「マジカルエアークッションAC」

マジカルエアーシリーズの中で最上位モデルです。アップリカ独自のωクッションを搭載し、旧モデルABよりも振動が32%軽減したため赤ちゃんへの負担も減っています。

マジカルエアークッションABも値崩れしてきたのでアリ◎

メーカー希望価格はACと同じですが、旧モデルということで現在23,000円ほどに値下がりしています。

しなやかクッションを搭載しているのでマジカルエアープラスよりは振動吸収も優秀ですよ。

【結論】マジカルエアーのおすすめはどれ?

現在、マジカルエアーシリーズの選択肢は4機種!

  • マジカルエアーAF(17,600円)
  • マジカルエアープラスAF(22,000円)
  • マジカルエアークッションAB(23,980円)
  • マジカルエアークッションAC(31,900円)

まず性能を重視したい方はマジカルエアークッションACがおすすめ。

アップリカ独自のωクッションを搭載し、赤ちゃんへの負担が軽減された最上位モデルです。

 

お財布に優しいのは「マジカルエアーAF」

基本モデルとなるマジカルエアーの最新モデルです。最軽量3.2kgで使いやすく価格も1番安いのです。

最後におすすめなのは「マジカルエアークッションAB」

クッションの旧モデル「AB」は値崩れして安くなってきたことで、マジカルエアープラスAFと差額がほぼありません。そのため、性能と価格のバランスがいいモデルになります。

まとめ

以上、マジカルエアーの種類と違いでした。

最後にもう1度まとめておきます。

マジカルエアーの違い
  • マジカルエアー⇒プラス⇒クッションの順に性能がUP
  • 基本モデルはマジカルエアー
  • メッシュ素材で洗濯機OKになったのがプラス
  • 振動吸収の座面クッションを搭載したのがクッション

性能が上がれば価格も上がりますが、最上位モデルで約3万なのでコスパは悪くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です