【開催中】楽天お買い物マラソン

【徹底解説】マジカルエアーの種類と違い!クッションやプラス・各モデル比較

アップリカのB型ベビーカー「マジカルエアー」

マジカルエアーの違いが分からない・・

メーカーに問い合わせるよ

ということで、マジカルエアーの種類と違いをお伝えします。

MEMO

この記事では、アップリカに問い合わせて分かったマジカルエアーの違いを徹底解説。

基本モデル・プラス・クッションの違いや、AG・AF・AE・AD・ACの違いも解説します。

知っておきたいマジカルエアーの特徴

マジカルエアーはグレードの異なる3つのモデルが販売されています。

  • マジカルエアー(基本モデル)
  • マジカルエアー プラス
  • マジカルエアー クッション

マジカルエアー⇒プラス⇒クッションの順に性能がUPし、それにともなって本体重量と価格が上がります。

軽さと値段を重視するなら基本モデルのマジカルエアーですし、性能を求めるならクッションという感じですね。

マジカルエアーとプラスの違い

マジカルエアーとマジカルエアープラスの違いは3点

  1. 洗濯機OK
  2. メッシュシート
  3. ワイドタイヤ

プラスではシートがメッシュ素材になり、洗濯機OK。さらにダブルタイヤの幅がワイドになり安定性が増しています。

通気性とお手入れにしやすさがプラスされた印象ですね。

マジカルエアープラスとクッションの違い

プラスとクッションの違いは2点

  1. 座面クッション
  2. リバーシブルシート

マジカルエアークッションはプラスの性能をそのままに、振動を吸収する座面クッションを搭載し、赤ちゃんへの負担を軽減したモデルです。あと簡単着脱シートがリバーシブルになりました。

【比較表】マジカルエアー 3つのモデルを比較

マジカルエアー3種類(基本モデル、プラス、クッション)の比較表を作ってみました。

*最新モデルで比較

商品名 マジカルエアーAG
プラスAF
クッションAD
価格 約19,800円 約22,000円 約29,200円
サイズ(mm) 開:W445×D765×H1050
閉:W445×D310×H932
開:W456×D762×H1050
閉:W456×D340×H934
開:W457×D777×H1042
閉:W457×D322×H941
本体重量 3.2kg 3.7kg 3.8kg
振動吸収 ゆれぐらガード ゆれぐらガード ゆれぐらガード
ωクッション
タイヤ ダブルタイヤ ワイド&ダブルタイヤ ワイド&ダブルタイヤ
カゴ フロントイン・ビッグバスケット
シート素材 コットン メッシュ メッシュ
着脱シート洗濯 手洗い 洗濯機 洗濯機
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー
フロントガードが持てる ×

 

軽さと安さならマジカルエアー(基本モデル)ですね。

シートがコットンで手洗いという点はご留意ください。

⇒マジカルエアーの比較へ

 

メッシュシート&洗濯機で洗いたいならマジカルエアープラスです。

基本モデルに+4,000円でお手入れが簡単になるのは魅力的だと思います。

⇒マジカルエアープラスの比較へ

 

赤ちゃんへの振動を軽減したいならマジカルエアークッションです。

座面にωクッションが搭載され、振動吸収がかなりUPしています。

⇒マジカルエアークッションの比較へ

マジカルエアー(基本モデル)

マジカルエアーは3.2kgとアップリカB型ベビーカーの中で最軽量。

基本モデルとなるマジカルエアーは3種類あります。

  1. マジカルエアーAG
  2. マジカルエアーAF
  3. マジカルエアーAE

現在、購入できるのは最新モデル「AG」と旧モデル「AF」の2つです。

AGとAFの違い

マジカルエアーAGとAFの違いはリクライニング角度!

最新モデルのAGは背もたれをより起こせるようになっています。

これ以外の機能はまったく一緒です◎

【比較表】

おさらいも兼ねて、マジカルエアーAGとAFを比較してみます。

商品名 マジカルエアーAG
マジカルエアーAF
価格 約19,800円 確認できず
サイズ(mm) 開:W445×D765×H1050・閉:W445×D310×H932
本体重量 3.2kg
振動吸収 ゆれぐらガード
タイヤ ダブルタイヤ
リクライニング 111°~137° 117°~135°
カゴ 24.7L 27.3L
シート素材 コットン
着脱シート洗濯 手洗い
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

スペックを見てもほぼ同じです。

通販ではもうAFが売っていないため、現行モデルは「マジカルエアーAG」一択です。

マジカルエアープラス

MEMO

マジカルエアープラスはメッシュシート&ワイドタイヤになり、快適性がプラスされたモデル。

着脱シートは洗濯機で洗えるようになったのでお手入れがラクです。

マジカルエアープラスの最新モデルは「AF」、旧モデルは「AE」です。

*現在、2つ前のモデルADはもう売っていません。

マジカルエアープラスAFとAEの違い

マジカルエアープラスAFとAEの違いは「カゴが大きくなり、持てるフロントガードになった」

▼カゴの違い

▼フロントガードが持ち手になる

最新モデル「AF」では折りたたみ時にフロントガードが持てる仕様になりました。

抱え込むように持てるので楽ちんです。

【比較表】

マジカルエアープラスのAFとAEを比較してみましょう。

商品名 プラスAF
プラスAE
価格 22,000円 確認できず
サイズ(mm) 開:W456×D762×H1050
閉:W456×D340×H934
本体重量 3.7kg 3.6kg
振動吸収 ゆれぐらガード
タイヤ ワイド&ダブルタイヤ
カゴ
シート素材 メッシュ
着脱シート洗濯 洗濯機
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

マジカルエアープラスAFの方がカゴが大きくなったので、本体重量が+0.1kgです。

旧モデルAEは通販で売ってなかったので値段が確認できずでした。

マジカルエアークッション

MEMO

プラスの性能はそのままに、座面クッション(しなやかクッション・ωクッション)を搭載し、クッション性をUPさせたモデル。

本体重量は3.9kg。女性がラクに持ち運べるベビーカーは5kgまでと言われているので、マジカルエアークッションも軽量ベビーカーの範囲になります。

マジカルエアークッションの最新モデルは「AD」、旧モデルが「AC」です。

現在、この2つのモデルが購入可能なため違いを解説していきます。

ADとACの違い

マジカルエアークッションADとACの違いは「タイヤサイズ」

  • AD:14cmダブルタイヤ
  • AC:12cmダブルタイヤ

最新モデル「AD」はタイヤ直径が大きくなり、走行性が向上しています。

【比較表】

マジカルエアークッションADとACを比較表で確認してみましょう。

商品名 クッションAD
クッションAC
価格 約29,200円 約26,200円
サイズ(mm) 開:W457×D777×H1042
閉:W457×D322×H941
開:W455×D766×H1033
閉:W455×D309×H940
本体重量 3.8kg 3.9kg
リクライニング角度 112°~141° 117°~143°
座面クッション ωクッション
ゆれぐらガード
タイヤ 14cm 12cm
カゴ フロントインのビッグバスケット
シート素材 メッシュ
着脱シート洗濯 洗濯機OK
メッシュウィンドウ付きビッグキャノピー

まずおすすめは「マジカルエアークッション AD」

タイヤ直径14cmとなり、段差のつまづきを減らせます。差額も少ないので、走行性能が向上したADがおすすめです。

お財布に優しいのは「マジカルエアークッションAC」

1つ前のモデルということで値段が下がっています。タイヤサイズ以外のスペックは同じなので、ACは狙い目です。

【結論】マジカルエアーのおすすめはどれ?

現在、マジカルエアーシリーズの選択肢は3機種!

  • マジカルエアークッションAD
  • マジカルエアーAG
  • マジカルエアークッションAC

まず性能を重視したい方はマジカルエアークッションADがおすすめ。

アップリカ独自のωクッションを搭載し、タイヤサイズも14cmで、赤ちゃんへの負担が軽減された最上位モデルです。

 

お財布に優しいのは「マジカルエアーAG」

基本モデルとなるマジカルエアーの最新モデルです。最軽量3.2kgで使いやすく価格も1番安いのです。

最後におすすめなのは「マジカルエアークッションAC」

クッションの1つ前のモデルで値段が下がってきたので、かなり狙い目です。

まとめ

以上、マジカルエアーの種類と違いでした。

最後にもう1度まとめておきます。

マジカルエアーの違い
  • マジカルエアー⇒プラス⇒クッションの順に性能がUP
  • 基本モデルはマジカルエアー
  • メッシュ素材で洗濯機OKになったのがプラス
  • 振動吸収の座面クッションを搭載したのがクッション

性能が上がれば価格も上がりますが、最上位モデルで約3万なのでコスパは悪くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。