【3/4~】楽天スーパーセール

【比較表】コンビ ジョイトリップの違い!GH・GG・NBWを分かりやすく解説

1歳~11歳までのロングユースで人気のコンビのジョイトリップ。

気になって調べてみると、「種類が多すぎてどれを買っていいか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

ジョイトリップの違いが知りたい

メーカーに問い合わせます

ということで、コンビ ジョイトリップの種類と違いを解説します。

MEMO

この記事では実際にコンビに問い合わせて分かった、ジョイトリップの違いを紹介します。

GH・GG・ NBWの違いや、エッグショック・エアスルーの違いも比較表にまとめました。検討されている方は何でも聞いてください。

【基本】コンビ ジョイトリップの共通性能

まずはコンビ ジョイトリップについて基本性能を確認しましょう。

  • 1歳~11歳頃まで
  • サイズ(W440×D450×H670mm)
  • 3Dメッシュシート&エアゲート
  • シートは洗濯機で丸洗いOK
  • 点で支えるクッション
  • シートベルト取付
  • 安全規則R44

以上がジョイトリップ全種類に共通している基本性能です。

メッシュシート&洗濯機OKは嬉しいですね

コンビ ジョイトリップの種類

ジョイトリップは店舗限定モデルも含め全10種類あります。

しかし現在、購入できるのは6種類です。

  • エッグショック GH
  • エアスルー GH
  • エッグショック GG
  • エアスルー GG
  • エッグショック S GG
  • エアスルー GG NBW

 

この6種類の違いを把握するには以下を見ていくと分かりやすいです。

エッグショックとエアスルーの違い

GHとGGの違い

エアスルーGG NBWの違い

エッグショック S GGの違い

それでは順に解説していきます。

ジョイトリップのエッグショックとエアスルーの違い

ジョイトリップには【エッグショック(ハイグレードモデル)】と【エアスルー(スタンダードモデル)】があります。

違いはエッグショックとランバーサポートの有無

ハイグレードモデル スタンダードモデル
エッグショック 本体頭部&ヘッドサポート ×
ランバーサポート ×

 

超吸収素材「エッグショック」とランバーサポートが欲しい場合はハイグレードモデルを選びましょう。

⇒ジョイトリップ エッグショックの比較表へ

 

スタンダードモデルはエッグショックとランバーサポートがないため、値段が安いメリットがあります。

ランバーサポートは3歳以上は取り外すため、使用する期間は短いです。買う時に子供が2歳とかなら余計短いですね。

その場合は価格も安いエアスルー(スタンダードモデル)がおすすめになります。

⇒ジョイトリップ エアスルーの比較表へ

ジョイトリップGHとGGの違い

ジョイトリップGH(2019年モデル)とGG(2017年モデル)の違いは以下の通りです。

  1. エッグショックの場所
  2. ふわふわ爽快シート
  3. ヘッドサポートの高さ調節
  4. リクライニング

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

エッグショックの場所の違い

ジョイトリップGHとGGではエッグショックの搭載場所が異なります。

  • エッグショックGH:本体頭部&ヘッドサポート
  • エッグショックGG:本体頭部&ランバーサポート

 

▼エッグショックGH(2019年モデル)

本体頭部とヘッドサポート(中央部分)にエッグショックを搭載。

 

▼エッグショックGG(2017年モデル)

本体頭部とランバーサポートにエッグショックを搭載。

 

最新モデルのエッグショックGHではランバーサポートからエッグショックをなくし、ヘッドサポートにエッグショックを搭載しました。

より頭部を守る設計にしたのがエッグショックGHです。

3歳まではヘッドサポートを使うので、万が一の場合にお子さんの頭部をより守れるのがGHですね。

 

逆に旧モデルのエッグショックGGはおしりのズレを防止するランバーサポートにエッグショックを搭載しているので、腰への衝撃を和らげてくれます。

 

MEMO
エッグショックはハイグレードモデル(エッグショックGH・エッグショックGG)のみです。スタンダードモデル(エアスルーGH・GG)は非搭載。

 

ふわふわ爽快シートの有無

最新モデル「ジョイトリップ エッグショック GH」はふわふわ爽快シートを搭載。

簡単に言うと、通気性がありながら分厚いクッションです!

エッグショックGHはランバーサポートのエッグショックが無くなりましたが、ふわふわ爽快シートを搭載しクッション性を補った形ですね。

実物を触りましたが、GHはGGに比べて厚み&クッション性が高いです

ヘッドサポートの高さ調節

  • ジョイトリップGH:〇
  • ジョイトリップGG:×

最新モデル「ジョイトリップ GH」からヘッドサポートの高さが調節可能になりました!

成長に合わせて調節できるのはポイント高いです。

リクライニングの違い

  • ジョイトリップGH:95°~110°
  • ジョイトリップGG:×

約95°~110°まで背もたれ角度が動き、車のシートにピタッとフィットさせることができます。

 

GHとGGはどっちがいい?

エッグショック(ハイグレードモデル)ならGHがおすすめ!

値段は同じなのにエッグショックGHの方が性能がUPしています。

そのため通販でもGHばかりで、GGはもう売っていません・・。

「エッグショックあり」なら最新モデル【ジョイトリップ エッグショックGH】になります。

エアスルーの場合は?

エアスルーもGHがおすすめ!

エッグショックがないだけで、それ以外の「ふわふわ爽快シート」「ヘッドサポート高さ調節」「リクライニング」とGHの方が機能性が高いです。

通販なら差額は1,000円程度。

そのためジョイトリップ エアスルーGHがおすすめです◎

エアスルー GG NBWの違いとは?

Net Baby World(ネットベビーワールド)限定モデルということで、頭文字のNBWが商品名に付いています。

皆さん気になっていませんか?

楽天でなぜかエアスルーGG NBWのレビュー件数が多いですよね?

 

理由はオリジナル機能と値段!!

▼すやすやピロー(ネットベビー限定)

肩ベルトカバー内にクッションを追加◎眠ってしまったお子さんの首や頭もしっかりと支えてくれます。

 

そして値段が約16,600円!

発売当初はかなり安かったので、これが1番売れてレビュー件数も伸びました。(*今現在、値段の差は少ないです)

デメリットは?

ドリンクホルダーがないこと

ドリンクホルダーはいらないかな?という場合はエアスルーGG NBWはおすすめですね。

MEMO
エアスルーはスタンダードモデルのため、ランバーサポートやエッグショックは非搭載。「エッグショックGG NBW」もありましたが、現在は売り切れ状態で入荷も未定です。

⇒ジョイトリップ エアスルーの比較表へ

エッグショックS GGの違い?

エッグショックS GGの違いはエッグショックの場所&ランバーサポートなし!

  • エッグショックS GG:本体頭部&ヘッドサポートの両側
  • エッグショックGG:本体頭部&ランバーサポート

エッグショックS GGはランバーサポートがないので、その代わりにヘッドサポートの両側にエッグショックを搭載したモデル。

どんな人におすすめなの?

2歳半頃に買う場合かな。

ランバーサポートは3歳頃までしか使わないので、使用開始のタイミングによってはすぐに使わなくなります。

エッグショックの安心感がありながら、ランバーサポートなしで価格を抑えたい方におすすめですね。

【比較表】ジョイトリップ エッグショック(ハイグレードモデル)

コンビ ジョイトリップのエッグショック(ハイグレードモデル)を比較します。

*値段は通販の価格

*GGは通販で取扱いがありません

商品名 GH
GG
S GG
値段* 24,700円 未確認 18,700円
サイズ W440×D450×H670mm
本体重量 5.5kg 5.3kg
エッグショック 本体頭部
ヘッドサポート中央
本体頭部
ランバーサポート
本体頭部
ヘッドサポート側面
ランバーサポート ×
ふわふわ爽快シート ×
ヘッドサポート高さ調節 ×
リクライニング 95°~110° ×

 

まずおすすめなのは【ジョイトリップ エッグショックGH】です!

最新モデルで性能面がUPしているので、1~3歳までの安心感&安全性が高いです。

 

次におすすめしたいのが【ジョイトリップ エッグショックS GG】です!

ベーシックモデルとして発売されたS GGは、エッグショックの安心感がありながら低価格となっています。

ランバーサポートなし・ヘッドサポート高さ調節なしですが、この2つは3歳頃までしか使わないので、3歳に近いタイミングで買うなら問題ありません。

【比較表】ジョイトリップ エアスルー(スタンダードモデル)

コンビ ジョイトリップのエアスルー(スタンダードモデル)を比較します。

*値段は通販の価格

商品名 エアスルーGH
エアスルーGG
エアスルーGG NBW
値段* 17,200円 16,000円 16,600円
サイズ W440×D450×H670mm
本体重量 5.3kg 5.1kg
ふわふわ爽快シート 〇(ヘッドサポート) ×
ヘッドサポート高さ調節 ×
リクライニング 95°~110° ×
ドリンクホルダー ×
すやすやピロー ×

 

まずおすすめしたいのが、ジョイトリップ エアスルーGHです。

最新モデルGHはヘッドサポートにクッション性の高い「ふわふわ爽快シート」を搭載し、高さ調節も可能に。リクライニングもできるので、車シートと本体をしっかりとフィットさせることができます。

通販なら差額も少ないため、エアスルーGHがおすすめです。

次におすすめしたいのがエアスルーGG NBWです。

ネットベビーワールド限定モデルで、肩ベルトカバー内にクッションを追加した「すやすやピロー」を搭載。寝た時にお子さんの首や頭を支えてくれます。

圧倒的にレビュー数が多いのも参考になり、安心できますね。

まとめ

以上、コンビ ジョイトリップの違いでした。

似たような名前で種類が多いので戸惑ってしまいますが、まずはエッグショックかエアスルーかを選べば、そのあとは決めやすいと思います。

値段も下がってきたので基本的には最新モデル「ジョイトリップGH」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です