【楽天】お買い物マラソン

はいふうの感想ブログ。船で渡る伊勢志摩のコスパ最強の温泉宿

こんにちわ。専業主夫クロップです。

毎年2月頃に伊勢神宮へ行くんですが、今年は「はいふう」へ宿泊しました。

ちなみに去年は伊久です。

はいふうは伊勢というよりも志摩エリアの温泉旅館になります。伊勢神宮から車で40分ぐらいでした。

 

露天風呂付客室なのにお手頃価格!

はいふうはまさにこの一言に尽きます。

ということで、はいふうの感想をブログに書いていきますね。

【事前情報】はいふうの駐車場と渡り船

はいふうへ行くには船で渡るという心躍るアクセス方法です。

▼駐車場

本館の福寿荘&はいふうの共同駐車場。

 

▼駐車場へ入る前に、はいふうへ電話します。

電話したら船が迎えに来てくれるシステムです。

 

▼駐車場から徒歩3分ほどで、船乗り場へ到着

少し待ってたら、船が迎えに来てくれました!

あいにくの天気ですが、乗り込みま~す!

船に乗ったら3分ぐらいで対岸にある「はいふう」に到着します。

 

スタッフさんが傘を持ってお迎えに来てくれました。こういうサービスは心温まりますね。

MEMO
船乗り場⇒はいふうの渡船の運行時間は決まっていません。電話したら1組のために迎えにくてくれます。

 

はいふうのチェックイン

▼1階のロビーでチェックインです。

温泉旅館というよりはリゾートホテルのような雰囲気ですね。

 

▼ハーブティー&バームクーヘン

チェックインの記入をしながら頂きました。

 

▼館内の説明

チェックイン時にスタッフさんが館内の説明をしてくれます。

MEMO
はいふうは各部屋に露天風呂があるので大浴場はありません。大浴場は「本館の福寿荘」もしくは間にある「庭園露天風呂」の2つです。

 

はいふうの部屋の感想

僕らは3階のお部屋でした。

▼ツインベッドルームの部屋

琉球畳でとてもきれいなお部屋にテンションが上がります。

▼露天風呂

MEMO
はいふうの客室露天風呂は「温泉」です。蛇口をひねって、溜めるシステム。源泉がとても熱いので水を足して調節しながら溜めましょう。

 

▼洗い場もある

部屋に内風呂がないので体を洗うのはここか、大浴場の2択。

冬場は寒くて外で洗うのは厳しいので、僕らは体を洗うのは庭園露天風呂へ行きました。

 

▼冷蔵庫に入ってるミネラルウォーターは無料

 

お茶、紅茶、コーヒーなども置いてあります。

引き出しにはコップ

ポットにはちゃんとお水が入っています。

たまにポットに水が入ってない旅館もあるけど、はいふうはちゃんと入ってて安心したww

 

▼洗面&トイレ

 

部屋の感想
全体的にとてもキレイ◎掃除も行き届いているし、露天風呂からも海が見える最高のロケーションで言うことありません。

はいふうの夕食。刺身盛り合わせが最高すぎた!

夕食は18:00~と19:00~が選べます。

時間になったので1階にある「海風」へ行くと、まずは本日の地魚から1人1つ選んぶところから始まります。

嫁は天然鯛で、僕は間八をチョイス!

選んだ魚は刺身として提供されます。

 

MEMO
僕らは基本コースです。何もプラスしていません。

▼献立(左側)

▼果実酒(ブドウ)

 

▼1皿目をハーフ&ハーフのビールで頂く

 

そしてお待ちかねの刺身盛り合わせ

はいふうの夕食は、刺身が最高!

伊勢海老、貝類、まぐろ+自分たちで選んだ魚という感じ。

どれも新鮮でビールが進む進むww

飲み過ぎには注意しましょう。

 

▼的矢湾のクラムチャウダー パイ包み焼き

まぁこれは普通w

 

▼大粒的矢かきのニンニク蒸し

牡蠣をニンニク風味で食べたのは初めてでしたが、これはこれであり◎

和フレンチということで、洋風な調理になっています。

 

▼黒毛和牛のサーロインステーキ

うまいっ!!

適度な脂身があり柔らかいお肉です。

 

▼ふぐの青さのり香り揚げ

抹茶塩で頂きます。ちょっと酔ってて味はよく分からなかったよw

 

▼鯛茶漬け

愛媛じゃないけど、鯛茶漬けで締め。

出し汁をかけていただきます。これもすごく美味しかったです。

 

▼本日のデザート(珈琲or紅茶)

くそ美味しい!

アイスプディング?的なやつです。

ハーゲンダッツのキャラメルプディングの味に似てて、嫁に1個取られました( ;∀;)

嫁大喜びww

はいふう夕食の感想
刺身盛り合わせがピークかな。まぁ全部美味しいけど、刺身以外はこれと言って絶賛するほどでもないです。量が少ないので、男性だと物足りないかも?鯛茶漬けはおかわりできるので、足りなかった人は米で満たしましょう。もしくは、別料金で料理をプラスするのもありだと思います。

 

夕食後にパジャマと冷水ポットのサービス

夕食後に部屋に戻ると、パジャマが置いてありました。

 

着てみた

ガーゼ素材の肌ざわりが良いパジャマです。

浴衣にご飯のニオイがついてたので、こういったサービスは嬉しいですね。

 

MEMO
冷水ポットの写真忘れました( ;∀;)けっこう大きめのポットだったので、2人でも十分の量です。冷蔵庫に入ってたミネラルウォーターもあるし、自分で水を買うようなことはありません。無駄なお金を使わなくていいのは有難い。

 

はいふう朝食の感想

朝食は8:00~9:30まで。ちょっと遅いね。

朝食は和定食 or 洋定食の2つから選択できます。

 

▼和定食

味噌汁おいしい!

朝からなかなかのボリュームでした。

 

▼朝食時のフリードリンク

 

MEMO
混雑時期、宿泊者が多い日の朝食はバイキングになるそうです。僕らが泊まった日は7組だけだったので定食でした。この辺は当日にならないと分かりません。

 

【小ネタ】はいふう宿泊時に役立つ情報

 

庭園露天風呂と足湯

はいふうと福寿園は通路でつながっていて、その間に「庭園露天風呂」があります。

中はこんな感じ

注意
鍵付きロッカーはないので、貴重品は持って行かないようにしましょう。

 

▼庭園露天風呂

けっこう広い露天風呂!

内風呂1つに洗い場もあり。

 

みんな利用しないのかな?僕が入った時は貸切状態でしたww

いい感じの温泉なので良かったら入ってみましょう。

 

▼足湯は外にある

庭園露天風呂の向かいにあります。天気がいい日はここでゆっくりするのもいいですね。

 

夜食はなし。売店も食べ物ありません。

夜泣きそば的な夜食はありません。

夕食を早めの時間にすると、お腹が空いても我慢あるのみww

夜食が欲しい方は旅館に着く前に何かしら自分で買っておくことをおすすめします。

 

▼はいふうの1階にある売店はお土産のみ

こじんまりとしていて、食べ物は売っていません。

MEMO
本館の福寿荘にある売店は少し大きめですが、食べ物はお菓子や乾物のみ。ちくわとかもないのは残念でした。

帰りの渡船は時間が決まってる

「駐車場⇒はいふう」はいつでも迎えに来てくれますが、逆に「はいふう⇒駐車場」の渡船は時間が決まってます。

9:00から30分おきです。

1番早い便でも9:00なので、宿泊翌日の予定にはご注意を。朝早くに観光地へ行きたい方は「はいふう」に泊まるのはやめた方がいいです。

 

はいふうは平日がお得。限定のプランを利用

僕らは平日(金曜)に宿泊しました。

▼利用したは【ラヴァーズプラン】

金曜で1人22,400円でした。(1人4,000円引はデカい)

ファミリーの場合は3,000円引のプランがあります。

平日に宿泊されるならぜひ利用してください。

MEMO
割引プランは「じゃらん」「はいふう公式サイト」で予約できます。

まとめ

伊勢志摩にある「はいふう」の感想をブログに書きましたが、どうでしたか?

志摩エリアの温泉宿の激戦区からは離れているので、その分、露天風呂付客室なのに価格が安いという魅力があります。

志摩スペイン村の近くにあり良い場所ですよ。

ぜひ伊勢志摩の観光の際には泊まってみてください。

【写真43枚】いにしえの宿 伊久の感想ブログ。食事や貸切温泉など。伊勢安土桃山城下町の感想。謎解き【信長】をやってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です