【開催中】楽天スーパーセール

【写真40枚】嬉野温泉 敷島の感想ブログ!露天風呂付客室With oakのレポ

どうも。専業主夫クロップです。

今年の九州旅行2日目はハウステンボスで遊んで、宿泊は嬉野温泉へ足を運びました。

嬉野温泉で宿泊したのが・・・

「萬象閣 敷島」

露天風呂付客室で探して決めた旅館です。

MEMO
この記事では実際に泊まった僕が、嬉野温泉の敷島をレビュー。
With oakの部屋や露天風呂、夕食・朝食を写真を用いて紹介します。これから宿泊される方はもちろん、検討されている方はぜひ参考にしてください。

場所は嬉野温泉の中心から少し離れてる

嬉野温泉は「シーボルトの湯」を中心にメイン通りがありますが、敷島は少し離れた場所です。

シーボルトの湯までは徒歩で約5分。(実際に歩いて観光しましたが、距離は気にならないです)

敷島の駐車場

まず謝らないと・・・駐車場を撮り忘れました。

駐車場は旅館の横です。

十分な広さがあり、車を駐めてたらスタッフさんが迎えに来てくれました◎荷物を持ってくれて、一緒に旅館へ。

ロビー&チェックイン

ロビーでは席に座ってお茶を頂きながらチェックイン。

館内の説明や夕食時間などお話されて、部屋へ案内してもらいました。

【部屋レポ】With oakの露天風呂付和洋室

今回僕らが泊まったのは

「With oakの露天風呂付和洋室204号室」

202、203、204号室の中から振り当てられたのは204号室でした!

リビングルーム&ベッドルーム

▼リビングルームは畳がいい感じ

 

▼ベッドルームは横の部屋

どちらの部屋にもテレビがあるのは良いですね。

洗面所&アメニティ

タオルを含め、アメニティは申し分なし◎

部屋の露天風呂

ベッドルームの外に露天風呂があります。

露天風呂は吹き抜け天井ですが、湯舟の上には透明な板があり雨でも大丈夫でした。

洗い場も外なので、冬は死ねますねw

客室露天風呂は入るたびに溜める仕様です(約10分で溜まる)

めっちゃ熱い!!!!

源泉に浸かりたくて水を入れなかった結果、熱すぎてヤバかったです。

11月で外気温が10°ぐらいでしたが、混ぜたり待ったりして入れるまでに30分ぐらいかかりました。夏場だと水も一緒に入れないといつまでも入れないかも?

MEMO
水で冷ますのもいいですが… 早めにためておいて、自然に冷ますと源泉のトロトロ感をより味わうことができます。

室内備品の紹介

▼重要なバスタオルの数

しっかり1人分がバスタオル×2、フェイスタオル×2枚ありました。

乾かしながら何回も露天風呂に入れますね◎

 

▼飲み物

ミネラルウォーター2本に、冷たい水が入ったポットあり。(お湯を沸かすケトルは空)

▼冷蔵庫

冷蔵庫の中は飲み物なしです。プリンが入っていました。

スタッフさんがお茶を淹れてきてくれ、一緒に敷島プリンを頂きました。

この敷島プリンは絶品!旅館の菓子工房で作ってるそうで、抹茶・プリン・黒蜜の3層で卵の味が濃く美味しかったです。

大浴場の露天風呂も良かったよ

【楠を見る露天風呂】へも行ってみます。

簡易的な湯上がり処ですが、お茶が置いてありいい雰囲気です。

鍵付きロッカーもあり、貴重品を持ってても安心。

トロっとして最高の温泉!!!!

さすが日本3大美肌の湯ですね。

MEMO
個人的に部屋の露天風呂よりもトロっとした泉質が強くて温泉の良さがあったと思います。ぜひ部屋だけでなく楠を見る露天風呂へも入ってください。

敷島の夕食|出汁が素晴らしい料理の数々

夕食・朝食ともに1階にある「十二の言葉(個室)」で頂きます。

僕らが選んだ夕食は料理長おすすめ会食

テーブルには温かいお茶が置いてあります。

お酒が飲めない人にはありがたいですね。

前菜&お造り

刺身はもちろん、前菜5種がめっちゃ美味しい!

1つずつこだわりが感じられて、前菜で生ビール1杯目が終わりましたw

佐賀牛ステーキ

適度に脂がのって美味い!

最初からテーブルに出されますが、自分のタイミングで火をつけて食べれます。

土瓶蒸し

あ”~うますぎるっ!!

松茸とつみれの出汁が美味しすぎて、これをおかわりしたかったです。個人的ベストオブ料理!

煮物

優しい味付け。これは普通。

揚げ物

甘鯛や子芋、アスパラなどの揚げ物。

 

茶碗蒸し

出汁が旨すぎる茶碗蒸し!

敷島の料理はやっぱり出汁がうまいんです。

小鍋&ご飯

▼鮑のスープ鍋

鮑をしゃぶしゃぶして頂きました。

デザート

館内菓子工房で作られたパンナコッタ。

デザートとしての見た目的な華やかさはないけど、美味しかったです。

田舎の温泉地なので、あんまり料理は期待してなかったんですが、定番ながらも出汁がすばらしい料理の数々でした!

敷島の朝食

朝食は夕食と同じ場所の同じ個室です。

こういうのでいいんだよ!的な朝ご飯。

嬉野温泉名物の「温泉湯豆腐」がとても美味しいので、ぜひご賞味あれ。

▼デザートのヨーグルト

朝食のスタッフさんも丁寧でとても好印象でした。

敷島のスタッフさんの対応

こっちが恐縮するぐらい全員が丁寧な対応!!

駐車場に迎えに来てくれた方から始まり、チェックインやウェルカムデザート時の部屋の案内係、食事中のフランクながらも感じのいい女性スタッフ、お見送りまで終始素晴らしい接客でした。

嬉野温泉 敷島 まとめ

温泉街というにはそこまで観光できる温泉地ではないですが、嬉野温泉へ足を運んで良かったです。

萬象閣敷島は、部屋・温泉・料理&接客と申し分ありません!

ぜひ嬉野温泉へ行かれる際は泊まってほしい温泉宿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です