【楽天】ブラックフライデー【~11/24】

【写真42枚】指宿の吟松の感想ブログ!露天風呂付客室や砂蒸し温泉レビュー

どうも。専業主夫クロップです。

九州旅行の5日目は指宿温泉へ行きました。

砂蒸し温泉がすぐ近くにあり、露天風呂付客室のある・・・・

「指宿温泉 吟松」

一言で伝えるならと、吟松は古き良き温泉旅館です。

ということで、吟松の感想をブログでお伝えします。

MEMO
実際に泊まった僕が予約したプランは【基本プラン】源泉かけ流しの露天風呂付き客室に宿泊夕食は『砂むし会席』です。

露天風呂付客室や夕食、朝食など写真を用いて紹介します。なんでも聞いてください。

 

場所は指宿駅から近く、海が目の前の好立地


マップでも分かりますね。海のすぐ側なので、絶景は間違いなし。

旅館まではずっと片側1車線の道を走ります。

電車で行く場合
駅からの送迎はありません。指宿駅から車で5分ほどの距離なので、駅からタクシーの利用をおすすめします。

吟松の駐車場や外観

吟松は道路沿いに建っている旅館です。

1階に駐車スペースがあり、ここへ車を入れて荷物を下ろします。

駐車場は「1階スペース」と「向かい側」にありますが、早い者勝ちです。

満車の場合
第3駐車場が別の場所にあるので、スタッフさんに車のキーを預けてお任せする感じ。翌朝はチェックアウトしてる間に旅館前に車を持ってきてくれます。もちろん駐車場は無料。

ロビー&チェックイン

それではチェックインしていきましょう。

カウンターでチェックインです。

館内や砂蒸し温泉の説明、夕食の時間を決めます。

 

お抹茶&和菓子のサービスあり◎

チェックイン後~17:00までだったかな?

ロビーでゆったりとくつろげます。

部屋レポ。グランドオーシャンズ

僕らが泊まった部屋は・・・

【露天風呂付】5階or6階畳5帖+ツイン+まどろみ

実際に案内されたのは6階の角部屋でした。

 

リビングルーム&ベッドルーム

入り口を入って、手前側がベッドルーム

奥がリビングルーム(和室)

 

窓際に「まどろみ」スペース

これ最高ですよーー。

すごい癒されます

海を眺めながらビールは至福のとき

 

洗面所・アメニティ

キレイな洗面所でした。

 

露天風呂

源泉かけ流し

常に温泉が溜まっているので、好きな時にすぐ入れます。

MEMO
源泉がそこそこ熱いので、冬場なら丁度いい温度です。暑い場合は水で調節して入るシステムでした。

 

▼洗い場も外

冬場は死ねますね・・

 

天井が高く、大パノラマで海が見える絶景!!

今まで海の見える客室露天風呂にたくさん泊まりましたが、1番良かったです。

 

室内備品の紹介

▼ベッドルームにあるクローゼット

  • 浴衣&足袋
  • バスタオル×2枚&フェイスタオル×1枚

砂蒸し温泉へは部屋のバスタオルを持って行くので、1人2枚ありました。

 

▼飲み物類

冷水や、ポットの中も水が入っていました。

これだけあれば滞在中のお水は問題ありません。

コーヒー&お茶

冷蔵庫は空です。

 

砂蒸し温泉|砂むし会館砂楽へ歩いて行く

部屋の露天風呂もいいですが、指宿へ行く目的はみんな一緒ですね。

それでは砂蒸し温泉に行きましょう。

 

吟松の1階ロビーにチケット売り場があります。

宿泊代に加算されるので、チェックアウト時に合わせて支払うシステム。

MEMO
吟松で買っても、砂むし会館砂楽で買っても値段は同じです。1人1,100円。

 

吟松から徒歩1分ww

受付は2階にあります。

事前に吟松で買ったチケットを提示したら、砂蒸し温泉用の浴衣が手渡されます。

MEMO
バスタオルは部屋から持参しましょう。レンタルは200円です。

 

1階へ降りて、男女それぞれの更衣室へ。

 

▼流れはこんな感じ

脱衣所で浴衣に着替えて、海岸へ出ます。

砂蒸し温泉(風呂)へ歩いて向かうと、スタッフさんが誘導してくれます。

砂蒸し温泉・・・たった10分だけど最高でした!

MEMO
砂蒸し温泉を楽しんだあとは、来た道をそのまま戻り、館内に入ってシャワーで砂を流してから温泉に浸かります。砂蒸し温泉で汗をかいているので、冬場はこの道中が寒すぎてヤバいですww
注意
砂蒸し温泉は撮影禁止。スマホは脱衣所ロッカーへ置いておきましょう。

吟松の夕食|砂むし会席(基本プラン)

吟松の食事処は襖で区切られた個室風の造りです。

夕食の開始時間は18:00~19:30から選べます(チェックイン時に指定)

 

席に着くと、前菜が置いてあります。

 

お品書き

お品書きの下には「料理の説明書き」がありました!

これは初めての経験です。すごい分かりやすくて良かったです。

 

前菜&お造り

海のすぐ側ということもあり、刺身はめっちゃ美味しい。

 

さつま揚げ

揚げたてのさつま揚げは絶品!

鹿児島の郷土料理らしいです。

仲居さんが目の前で揚げてくれたんですが、欲を言えば自分でやりたかったかな。

 

黒豚の角煮

夕食で1番美味かった!

鹿児島と言えば黒豚ですよね。お肉はもちろん、味付けが絶妙。

かなりさっぱりした角煮です。

 

ココナッツミルク鍋

ほのかに甘い鍋。

温泉旅館って感じの鍋です。

 

御飯物

 

ご飯は変化球です。

指宿の郷土料理らしい?混ぜご飯を作って食べます。

温泉で作った温泉卵や漬物などを混ぜて頂きます。

味はまぁ・・・郷土料理って感じ。察してください。

 

デザート

抹茶プリンと大学芋。

うん。普通。

 

夕食の評価|郷土料理を堪能できる

THE 温泉旅館の夕食といった感じですね。

鹿児島・指宿ならではの食材や料理を味わえるのは◎

ただ、全体的に若者向けではなく、年配向けという印象を受けました。

吟松の朝食

朝食の時間は7:30~(30分刻み)です。夕食時に選びます。

席に着くと、すべて用意されていました。

 

鶏肉とたくさんの野菜が入った郷土料理「さつま汁」

体が温まり、とても美味しいです。

 

吟松の情報

宿泊前に事前に知っておきたい情報をまとめます。

  • チェックイン:15:00~
  • チェックアウト:~10:30

 

全館禁煙

喫煙場所は1階の「玄関横」・「テラス」の2か所のみ。

両方とも外になるので、館内に喫煙ブースはないです。

 

自販機は1階のみ

自販機ではソフトドリンクだけ。アルコールの自販機はなし。

売店では焼酎のみ販売あり(ビールの販売はありません)

 

フリーWi-Fiあり

全館wi-fi繋がります。部屋の中もストレスなく繋がりました。

 

指宿温泉 吟松 まとめ

以前から行きたかった指宿温泉へようやく行けました。

大パノラマで海を眺めながらの温泉は言うことなし、源泉かけ流しも良かったですね。

砂蒸し温泉(砂楽)に近いし、指宿なら吟唱はおすすめですよ。

部屋の露天風呂がとにかく最高なので、できれば客室露天風呂付をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です