【楽天】お買い物マラソン

【愛してやまない】象印コーヒーメーカーEC-AS60の魅力を伝える!

こんにちわ。専業主夫クロップです。

僕が愛してやまない象印コーヒーメーカー【EC-AS60】をただただ紹介する記事です。

以下の人に読んで欲しい。

  • 家で手軽にコーヒーを飲みたい
  • そこそこ美味しければOK
  • お手入れが簡単なコーヒーメーカーが欲しい

3つとも当てはまったなら、象印コーヒーメーカーEC-AS60が最高ですよ。

象印EC-AS60のおすすめポイント。

僕がEC-AS60をおすすめするポイントは2つ。

  1. メッシュフィルター付き
  2. 全パーツがばらせる(掃除しやすい)

それぞれ見ていきますね。

 

メッシュフィルター付き。めっちゃ便利!

コーヒーメーカーで1番の問題がフィルターです。

洗って使い続けるタイプ」と「毎回交換する紙タイプ」の2種類があり、EC-AS60は前者。

これはコーヒーを淹れた後の状態になります。

上部が汚れているのはご愛敬w

▼メッシュフィルターを外す。

フィルターケースに乗せてあるだけなので、すぐ取れます。

 

▼コーヒー粉を捨てたあと。

ちょっと残るので、水洗いします。

 

▼メッシュフィルターがキレイに◎

1年以上使ってて、こんなにキレイな状態です。

あと1年はこのフィルターでいけそう。
MEMO
メッシュフィルターだけの別売り(864円)もあるので、汚れがひどくなったり、破れたりしても買い替えることが可能です。

掃除が簡単。パーツが全部ばらせます。

これが1番の決め手だったかも。

▼水タンク

▼上に持ち上げると抜ける

これで水タンクも丸洗いできます◎

▼ポットも乗ってるだけw

ポットの蓋も簡単に取れるので、これも丸洗いOK◎

 

丸洗いは以下4点。

  • メッシュフィルター
  • スウィングバケット(フィルターの受け皿)
  • ポット
  • 水タンク

コーヒーメーカーで汚れるというか、キレイにしておきたい場所が全て外せて丸洗いできます。

 

【+α】ダブル加熱式で香りが立つ。

<ダブル加熱式>

*画像は公式サイトから引用

お水をタンクに入れて電源ONするだけで、ヒーターで2回加熱(約95℃)し、お湯と蒸気で蒸らしてドリップします。

珈琲の香りが部屋いっぱいに広がる!

このW加熱式は6杯タイプのみです。

 

EC-AS60のデメリットは?

1年以上愛用している僕が思うデメリットは1つ。

長時間の保温ができない

電源ONの状態ではポットの置き場所が熱くなって保温できるんですが、そのまま置いておくと煮詰まって美味しくなくなります(´-ω-`)

僕の経験上、保温できるの20分が限界。

そのためEC-AS60は飲む分だけを淹れるコーヒーメーカーですね。

 

1回で数杯分作って保温したい人は魔法瓶タイプを買いましょう。

魔法瓶はEC-KT50(5杯)または、EC-YS100(10杯)ですね。

あとは豆から挽く全自動タイプEC-RS40があります。

 

コーヒーの粉は瓶にいれて保存。

コーヒー粉は好きなものをどうぞw

で、その粉を保存する容器が必要になります。

▼密封容器

簡単な構造の瓶なんですが、こいつの保存力は素晴らしいですよ。

最後までコーヒーの風味が消えません◎

我が家ではこんな感じでキッチン横に収納しています。

コーヒーメーカーを買うなら、一緒に粉の保存容器も買っておきましょう(‘ω’)ノ

 

まとめ : EC-AS60を買って損しない人は?

象印コーヒーメーカー【EC-AS60】がおすすめの人

  • 豆からはちょっと面倒w
  • 手頃な価格のコーヒーメーカーが欲しい
  • 各パーツを洗いやすいのがいい
  • 飲む分だけを淹れれたらOK(保温いらない)

全部に当てはまるなら買って損はしません!

クロップが自信を持っておすすめします(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です