【開催中】楽天お買い物マラソン

KATOJIプレミアムベビーチェアの種類と違い!mamyを基準に比較する。

赤ちゃん用ハイチェアで人気の高いカトージのプレミアムベビーチェア。

この記事では【種類と違い】をお伝えします。

カトージのプレミアムベビーチェアって何種類あるの?

全部で4種類だね!

参考になるのは以下の人。

  • プレミアムベビーチェアのおすすめが知りたい。
  • カトージの種類と違いは?

それでは見ていきますね。

【カトージ】プレミアムベビーチェアの種類と違い

カトージ プレミアムベビーチェアは【4種類】あります。

名前と価格を一覧表にしてみました(‘ω’)ノ

名称 価格
ファニカ 16,500円
mamyマミー 12,960円
プレミアムベビーチェア2 9,900円
プレミアムベビーチェア 6,980円

 

共通点はあるの?

2つあるから、先に紹介しておくよ。

 

▼フロントガード&股ベルト

フロントガードと股ベルトは取り外し可能。必要なくなったら外せます。

 

▼耐荷重60kg

座面・足置きの高さを調節して、大人になっても使える設計です。

 

この2点はどれを買っても一緒です。

それでは1つずつ違いを見ていきますね(‘ω’)ノ

↓ ↓ ↓

mamy | プレミアムベビーチェアで1番人気

・約11,000円
・ブナ材
・幅52×奥63×高81cm

KATOJIカトージハイチェアで1番売れているのが【mamyマミー】です。

名前からも分かるように、ママのことを考えて作られています。

特徴は以下の2つ。

  • 高さ調節に工具不要
  • テーブルトレイ付き

▼高さ調節が楽ちん

  1. 座面(足置き)下のクリップを摘まんで引き抜く
  2. お好みの高さに差し込む

5秒です!笑。工具がいらないので、ママが簡単に高さを変えることが出来ます。

ネジ外したりしなくていいってこと?

そう。ネジはないから、ドライバーは必要なし!

 

▼テーブルトレイ付き

食事をこぼしても、トレイを外してそのまま流しで洗えます。

拭き取るより簡単で清潔に保てますね◎

 

高さ調節の頻度は多くないですが、いざ変更する時にワンタッチで出来るのはとても便利です。

材質もブナ材なので耐久性があり、木目がキレイなのも特徴です。

 

ファニカ | 低反発クッションが付いたタイプ

・約13,400円
・ブナ材
・幅51.5×奥59.5×高82cm

ファニカはKATOJIプレミアムベビーチェアの中で価格が1番高いハイチェアです。

mamyとの違いは【低反発クッション】と【デザイン・形】です。

 

▼低反発クッション

撥水性のあるスウェード素材のクッション。お子さんのお尻や腰に負担をかけない固さになっています。

このクッションは取り外せるの?

座面に組み込まれてるから、外すのは無理。

取り外せないのがデメリットですね・・・。

しかし、高級車のシート材にも使われている東レの【ウルトラスエード】なので、通気性が抜群で汚れにくく丈夫な素材です◎

 

▼デザインが違う

ファニカはアーチ型の足が特徴で、見た目が可愛いデザインです◎

安定感はmamyの方が高いですが、ファニカも倒れたりすることはないのでご安心を(;^ω^)

MEMO
高さ調節はmamyと同じで工具不要。テーブルトレイはありません。

 

プレミアムベビーチェア2 | 高さ調節に工具が必要

・9,900円(税込)
・ブナ材
・幅49×奥60.5×高80cm

デザインはmamyと一緒ですが、高さ調節に工具が必要になります。

座面・足置きの高さを変える場合にはネジ6~8本を外して留めなおす作業が必要です。

あと、テーブルトレイがありません。

その分、税込9,900円と低価格になります◎

通販だとmamyが約11,000円なので、プレミアムベビーチェア2の方が約1,000円安いです。

ワンタッチで高さが変えれることを優先するなら【マミー】or 【ファニカ

安い方がいいよって方は【プレミアムベビーチェア2】もありかも?

プレミアムベビーチェア | 1番安いベビーチェア

・7,980円(6,980円)
・ラバーウッド材
・幅49×奥55×高77cm(49.5×61.5×81cm)
*()内はNEWモデル

通販ショップ「NetBabyWorld」の限定モデルとして販売されている【プレミアムベビーチェア】

基本スペックは上記で紹介したプレミアムベビーチェア2とほぼ一緒ですが、1番の違いは価格が安いこと。

税込7,980円 or 6,980円

なんで安いの?

材質が【ラバーウッド材】だからだよ。
MEMO
ラバーウッド材は耐久性に劣りますが、低コストで環境負荷が少ない特徴があります。

プレミアムベビーチェアがおすすめの人は、

  • 安い方がいい
  • 高さ調節に工具が必要でもOK
  • 材質には特にこだわりがない

ラバーウッド材は耐久性がやや劣りますが、普通に使う分には問題ありません◎

*NetBabyWorldは楽天とヤフーに出店しています。

【比較表】プレミアムベビーチェアはどれがおすすめ?

おさらいも兼ねて、プレミアムベビーチェア4種類を比較してみます。

*通販の平均価格

商品名 マミー
ファニカ
プレミアムベビーチェア2
プレミアムベビーチェア
*価格 11,000円 13,400円 9,900円 6,980円
サイズ(cm) W52×D63×H81 W51.5×D59.5×H82cm W49×D60.5×H80 W49.5×D61.5×H81
本体重量 8.4kg 8.8kg 8kg 不明
月齢 7か月~60kgまで
高さ調節 ワンタッチスライド ネジ(工具必要)
テーブルトレイ × × ×
材質 ブナ材 ブナ材 ブナ材 ラバーウッド材
フロントガード
股ベルト
折りたたみ 不可

やはり1番おすすめなのはマミーですね。

座面&足置きの高さがワンタッチで調節でき、テーブルトレイが付いているのも◎ブナ材なので木目がキレイなのも魅力です。

次におすすめなのはプレミアムベビーチェアです。

NETBABYWORLD限定モデルで、高さ調節に工具が必要ですが、かなり安いです◎NEWモデルと旧モデルでデザインが違うので、好みで選べます。

まとめ | カトージ プレミアムベビーチェアの種類

カトージのプレミアムベビーチェアを比較紹介しましたが、どうでしたか?

価格と機能・便利さのバランスが良いのは【mamy】です。おすすめハイチェアでも紹介中◎

KATOJIで圧倒的に売れているベビーチェアなのも納得できるなと思います。

パパ・ママで相談して決めてくださいね。

KATOJIプレミアムベビーチェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です