【開催中】楽天お買い物マラソン

【比較表】スゴカルαとランフィの違い!タイヤ以外のスペックも徹底比較

両対面オート4輪のベビーカー「スゴカルα」と「ランフィ」

コンビとピジョンの人気機種を比較していきます。

おすすめはどっちですか??

総合的に見るとスゴカルαかな
MEMO
この記事ではスゴカルα(Combi)とランフィ(Pigeon)のスペックを比較し、違う部分を1つずつ解説していくので、何でも聞いてください。

スゴカルαとランフィを比較

比較条件
どちらも最新モデル【スゴカルα 4キャス エッグショックHT】と【ランフィRB1】で比較します。

まずはそれぞれの特徴を一言で・・・・

スゴカルαは振動を軽減する性能やママにも便利な機能があり、総合力に優れた1台。

ランフィはシングルタイヤや車輪の間隔を広げるなど、とにかく押しやすさを追求した1台。

それでは、以下の7項目で違いを見ていきます。

  1. タイヤ
  2. 振動吸収
  3. インナークッション
  4. シート&通気性
  5. カゴ
  6. 開閉&持ち方
  7. 独自のおすすめ性能

 

タイヤ

  • スゴカルα HT:14cmダブルタイヤ
  • ランフィRB1:18cm&16.5cmシングルタイヤ

2機種を比較する上で、1番のポイントになります。

ダブルタイヤ(スゴカルα)のメリットは安全性と軽さです。ちょっとした隙間や溝にはまりにくいので、線路を渡る時も安心です。さらに軽量化しやすいので本体自体も軽いです。

シングルタイヤ(ランフィ)のメリットは走行性&静かさです。小回りが効くので狭い道なども押しやすいし、段差を乗り越えやすいです。さらにがたつきが少ないため、走行中の音も静かです。

MEMO
ランフィは重くなりがちなシングルタイヤですが、中空構造でできるだけ軽くしています。

振動吸収

  • スゴカルα HT:3Dエッグショック&エッグサスペンション
  • ランフィRB1:スイング式サスペンション&中空構造

▼3Dエッグショックで赤ちゃんを守る

コンビ独自の超衝撃吸収素材「エッグショック」をシート全体に搭載し、赤ちゃんへの負担を軽減。さらに、車輪には空気で振動を吸収する「エッグサスペンション」を搭載しています。

▼スイング式サスペンション

ランフィは車輪と本体の付け根が折り曲がる設計で、振動を吸収。さらにRB1でコイルが追加されスイング式サスペンションがより進化しています。

ポイント
振動吸収の能力はスゴカルαの方が優位ですが、そもそもシングルタイヤの方が振動が少ないため、赤ちゃんへの負担はどちらもかなり少ないです◎

インナークッション

  • スゴカルα HT:ダッコシートα
  • ランフィRB1:ハグットシートSOFTON

どちら首や腰をサポートする役割のあるインナークッションを搭載しています。(クッション性は同レベル)

ただし、ダッコシートαの方が背中~座面まであり、頭部にはエッグショックを搭載してあるので、赤ちゃんを支えるという点ではスゴカルαの方が優位です。

シート・通気性

  • スゴカルα HT:エアスルーシート
  • ランフィ RB1:リバーシブルシート

名称は違いますが、どちらもメッシュ素材で通気口のあるシートになります。シート・通気性に関しては引き分けです。

ランフィはリバーシブルシートなので、お出かけ中に汚れてもひっくり返して使えるという利点があります。

カゴ

  • スゴカルα HT:38L
  • ランフィ RB1:25L(フロントイン)

スゴカルαの方がカゴが大きいので容量では優位ですが、ランフィは前からも入れれる仕様なので便利です。そのため、カゴは引き分けです。

*耐荷重はどちらも5kg

開閉・持ち方

  • スゴカルα HT:ワンタッチ開閉、持ちカルグリップを持つ
  • ランフィRB1:ワンタッチ開閉、ハンドルを持つ

どちらもワンタッチ開閉で自立するという点は同じです。

持ち方(持ち運びやすさ)はスゴカルαが優位!

フロントガードよりの下にある「持ちカルグリップ」を持ちます。画像のように体と腕でベビーカーを挟むように持てるので、かなり楽ちんです◎

注意
ランフィはハンドルを持たないといけないので、持ちあげにくいのが難点です・・・。フロントガードを持つのは推奨されていないので、どうしてもという場合には自己責任でお願いします。

独自のおすすめ性能

▼スゴカルα HTの「ハンドルアジャスター」

ハンドルの角度を調節できるので、折りたたみ時にコンパクトになります。さらに身長に合わせて押しやすい角度にできるのも魅力です◎ママ・パパで身長が違っても安心の機能ですね。

 

▼ランフィは「タイヤの間隔が広い」

車体よりも外側にタイヤがくる設計で、足が当たりにくいので、自然な歩幅で歩けます◎

けっこう車輪に足が当たるっていうママさんも多いので、ランフィは押しやすさを追求しているなという印象です。

【比較表】

おさらいも兼ねて、スゴカルαとランフィの比較表を見てみましょう。

商品名 スゴカルα HT
ランフィ RB1
価格 45,000円 49,800円
月齢 1カ月~36カ月頃(体重15kg以下)
使用方法 両対面・オート4輪
サイズ(mm) 開:W486×D760~940×H890~1080
閉:W486×D425×H853~1010
開:W516×D830×H1015
閉:W516×D380×H1028
重量 5.1kg 5.6kg
振動吸収 3Dエッグショック
エッグサスペンション
スイング式サスペンション
中空構造タイヤ
リクライニング 125°~170° 100°~175°
インナークッション ダッコシートα ハグットシートSOFTON
シート エアスルーシート リバーシブルシート
ハイシート 56cm 54.5cm
タイヤ 14cmダブルタイヤ 18cm&16.5cmシングルタイヤ
カゴ 38L 25L
足元まですっぽり覆える大きさ(メッシュ窓2つ)
特徴 ハンドルアジャスター
持ちカルグリップで持ちやすい
ワンタッチ開閉・自立
タイヤの間隔が広く歩きやすい
ハンドルにクッション材
ワンタッチ開閉・自立

おすすめは【スゴカルα 4キャス エッグショックHT】

コンビ独自のエッグショックをシート全体に搭載したり振動を吸収し、赤ちゃんへの負担を軽減する性能が優秀です。あとはハンドルアジャスターや持ちカルグリップなどママさん目線でも使いやすさを考えられているベビーカーです。

ランフィに比べてコンパクト設計なのも嬉しいポイントです。

種類は別記事(⇒スゴカルα HTとHSの違い)で紹介しています。

 

押しやすさならランフィRB1

最初にも書きましたが、やはりシングルタイヤは小回りが利いて押しやすいのが特徴です。狭い道や人が多い場所での利用が予想されるならランフィでもいいと思います。

種類は別記事(⇒ランフィ RB1とRB0の違い)で紹介しています。

まとめ

スゴカル(コンビ)とランフィ(ピジョン)の違いを比較してみましたが、どうでしたか?

クッション性や使い勝手など総合的にみてスゴカルαの方が優位かなと思います。もちろんシングルタイヤの魅力もあるので、一概には言えませんが個人的にはスゴカルαをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です