【開催中】楽天お買い物マラソン

【2021最新】スゴカル3機種「ハンディ・スゴカルα4キャス・スイッチ」を比較!

コンビのベビーカーで人気の高い【スゴカル】

スゴカルの違いが分からない・・

全シリーズを分かりやすく解説するよ

ということで、コンビ スゴカルを比較して紹介します◎

MEMO
この記事では実際にコンビに問い合わせて分かった、スゴカルの違いを解説。

スゴカル3機種【ハンディ・4キャス・スイッチ】を比較しているので、何でも聞いてください。

コンビのスゴカルとは?

スゴカルは月齢が生後1~36か月までのいわゆるAB型ベビーカー。

【軽量・両対面】と今人気の高いカテゴリーに属したモデルです。コンビ独自のエッグショックや、通気性の高いエアスルーシート、ハイシート、片手ワンタッチ開閉など納得の機能を搭載してあります。

コンビのベビーカーの中でも主力なので、シリーズ通して種類が多すぎるのが難点です・・・w

一緒に違いを見ていきましょう。

【比較表】スゴカル3機種を比較

早速、スゴカル3機種の比較表から見てみましょう。

*通販の平均価格

商品名 スゴカル swich
スゴカルα 4キャス
スゴカル ハンディ
*価格 約62,000 約50,000円 約30,000円
サイズ(mm) 開:W495×D790~880×H960~1020
閉:W495×D360×H875~965
開:W486×D760~940×H890~1080
閉:W486×D425×H853~1010
開:W483×D740~880×H995~1040
閉:W483×D365×H975
本体重量 5.1~5.3kg 4.5~5kg 3.9~4.1kg
オート4輪 ×
ハンドルアジャスター ×
タイヤ ダブルタイヤ18cm
シングルタイヤ14cm
ダブルタイヤ14cm ダブルタイヤ14cm
サスペンション エッグサスペンション ソフトサスペンション
シートの高さ 53cm 55~56cm 53~55cm
リクライニング 125°~170°
エッグショック 〇(グレードによって搭載範囲が異なる)
シートの洗濯 洗濯機OK

サイズ感はほぼ一緒です。横幅も全モデル50cm未満なので、改札はスムーズに通れます◎

ハンディ⇒4キャス⇒スイッチと性能がUPするにつれて値段も上がっているので値段と性能のバランスで選ぶのがよさそうですね。

簡単にスゴカルの違いを把握する

スゴカル3機種の違いを把握していきます。

SUGOCAL.1
スゴカル ハンディ

スゴカル ハンディはオート4輪なしです。そのため対面時の走行性がやや悪いですが、シリーズの中で最軽量かつ両対面ベビーカーとしては安価なのも特徴。

オート4輪なしでもOKならスゴカルハンディをおすすめします。

スゴカル ハンディへ

SUGOCAL.2
スゴカルα 4キャス

スゴカルαはオート4輪を搭載したモデル。対面の使用時(生後12か月頃まで)にもスムーズな走行が可能になります。さらに、空気の力で振動を軽減する「エッグサスペンション」が搭載されました。

【軽量&両対面オート4輪】ならこれです◎

スゴカルα 4キャスへ

SUGOCAL.3
スゴカル switch

2020年に初登場したスイッチは、オート4輪かつシングルタイヤとダブルタイヤを搭載したモデル。どちらを前にもってくるかで走行性能をスイッチできるベビーカーです。

走行性能は格段にUPしていますが、その分、お値段も少しお高めww

ベビーカーで通ることが想定される場所に段差や凸凹道が多いならスイッチがおすすめです。

スゴカル スイッチへ

スゴカル ハンディ

ハンディはスゴカルの中で軽量化に振り切ったモデル。

両対面ですがオート4輪なしのためシリーズの中でも安いのが魅力です。

ハンディの種類
  • スゴカル ハンディ エッグショック ML *new
  • スゴカル ハンディ エッグショック MK
  • スゴカル ハンディ エッグショック MG

MGからマイナーチェンジをしてMK⇒MLと発売されていますが、基本的な設計はほとんど変わっていません。

▼スゴカル ハンディの比較表

商品名 ML MK MG
発売日 2020年 2019年 2017年
価格 約29,000円 約28,000円 約27,500円
サイズ 開:W483×D740~880×H995~1040
閉:W483×D365×H975
開:W497×D770~880×H995~1040
閉:W497×D380~480×H985
本体重量 3.9kg 4.1kg 4.4kg
少し小さい 大きい 大きい
カゴ 24.8L(たためる) 24.8L 16L
エッグショック 頭部 座面・頭部 座面・頭部

最新モデル「ML」は軽量化するためにエッグショックを頭部だけにし、帆も小さくなっています。

とにかく軽いベビーカーならMLですが、スペック的には1つ前のMKを選ぶのがいいですね。

おすすめは「スゴカル ハンディ エッグショックMK」

スゴカル ハンディは3機種とも通販では値段の差がほぼありません。そのため単純に性能が高い「スゴカル ハンディ MK」がおすすめです。(より詳しい比較は別記事⇒スゴカル ハンディMLとMKの違いで解説しています)

▼MKのスペック

1か月~36か月頃まで オート4輪なし
通販価格:約28,000円 カゴ24.8L
本体4.1kg ダブルタイヤ14cm
ハイシート55cm リクライニング125~170°
エッグショック(座面・頭部) 洗濯機OK
スゴカルハンディのMLとMKの違い!性能は旧モデルの方が優秀

スゴカルα 4キャス

スゴカルα 4キャスはオート4輪を搭載し、スゴカルシリーズで1番人気のあるモデルです。

「守れない最軽量はいらない」というコンセプトで発売され、軽いけど振動吸収など性能にもこだわった設計になっています。

スゴカルαの種類
  • スゴカル HH/HJ(2017年10月)
  • スゴカルα HK(2018年11月)
  • スゴカルα HS(2019年4月)
  • スゴカルα HT(2019年9月)
  • スゴカル エアー HK(2019年10月)
  • スゴカルα モンポケ(2020年5月)

最初の2機種は生産終了したため、現行モデルは4種類です。

スゴカルα 4キャスは上位版と通常版があり、エッグショック搭載場所やハンドルアジャスターの有無といった違いがあります。詳しくは別記事(⇒スゴカルαのHTとHSの違い!HK・ライト・コンパクトなど全モデル比較)をご覧ください。

おすすめは「スゴカルα 4キャス エッグショックHT」

スゴカルα 4キャスのナンバリング最新モデルが「HT」で、性能が1番優秀です。

おすすめなのは上位版の「スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT」

3Dエッグショックがシート全体に搭載され、ハンドルアジャスターありです。

スゴカルαのHTとHSの違い!HK・ライト・コンパクトなど全モデル比較

スゴカル スイッチ

スイッチはスゴカルの中で走行性能が1番優秀なモデルです。

18cmダブルタイヤと14cmシングルタイヤを搭載し、どちらを前側にするかで走行性能を変えることができる設計です。

シングルタイヤが前(背面)なら片手でもおしやすく、ダブルタイヤが前(対面)なら段差や凸凹道でも安定感のある走行ができます。

おすすめは「スゴカル switch plus エッグショック XL」

3Dエッグショックを搭載し、持ちカルグリップやハンドルアジャスターなど便利な機能をすべて備えたモデル。

プラス(プレミアムモデル)はスタンダードモデルと価格差がほぼないので、現状ではプラスから選ぶのがベストです。スゴカルスイッチを詳しく比較した記事は⇒(スゴカルスイッチの違い)を確認ください。

まとめ

スゴカルシリーズ【ハンディ・4キャス・スイッチ】の違いを紹介しましたが、どうでしたか?

最後にもう1度ポイントをまとめておきますね。

スゴカルシリーズの違い
  • ハンディはオート4輪なしの最軽量モデル
  • 4キャスはオート4輪ありの1番人気
  • スイッチは走行性能をUPさせたモデル

スゴカルシリーズの中では性能と価格のバランスが良い「スゴカルα 4キャス」を選ぶのがベストだと思います。オート4輪なしでOKなら「ハンディ」を、普段通る道に段差や凸凹が多いなら「スイッチ」を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です