【開催中】楽天スーパーセール

【比較表】コンビ ウィゴーの違い解説!おすすめは商品名が長いもの

コンビの新生児から使えるチャイルドシート「ウィゴー」

種類が多くて分かりにくいね・・

違いを解説するよ

ということで、コンビ ウィゴーの種類と違いをお伝えします。

 

MEMO

この記事では実際にメーカーに問い合わせて分かった、ウィゴーの各モデルの違いを解説。

4歳頃まで・7歳頃までがあり、それぞれ分けて比較したので何でも聞いてください。

コンビ ウィゴーの種類と共通性能

まずはコンビ ウィゴーの種類です。

  • ウィゴー グランデ サイドプロテクション エッグショック DK
  • ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LH(LG)
  • ウィゴー エッグショック LH
  • ウィゴー メッシュ LH
  • ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショック IJ
  • ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH
  • ウィゴー ロング HI

 

何かの呪文ですか?

ややこしいよね・・

ウィゴーは商品の特徴をそのまま商品名に入れています。

例えば商品名に「ロング」があれば7歳頃まで、それ以外は4歳頃までといった感じ。

あとはエッグショックやサイドプロテクションなどですね。

 

共通の性能は以下の通り。

  • シートベルト取付&R44
  • ウォッシャブルシート
  • サイドプロテクション
  • エッグショック(ないモデルもある)

1つずつ見ていきましょう。

シートベルト取付&R44

ウィゴーは全てシートベルト取付。

近年増えてきたISOFIX固定に比べてチャイルドシート自体も軽く、低価格というメリットがあります。

*コンビのISOFIX固定ならクルムーヴ。

 

そして安全規則【UN(ECE) R44/04】のチャイルドシートです。

ウォッシャブルシート

シートは外して洗濯機で丸洗いOK!

手洗いが推奨されているモデルもありますが、基本的に洗濯機で洗えるのはラクでいいですね。

サイドプロテクション

本体のヘッド部分(両側)のシートカバーにウレタンクッションを搭載。

走行中に赤ちゃんの頭が揺れてもしっかりと守ってくれます。

MEMO
サイドプロテクション(1層)はウィゴー全種類に搭載。上位モデルになるとサイドプロテクションα(2層 or 3層)も搭載されています。

座面が低い設計

回転式ではないチャイルドシートは乗せ降ろしがネックですが、

ウィゴーは座面が低いので赤ちゃんの乗せ降ろしも比較的ラクちんです。

 

エッグショック

インナークッションのヘッド部分に搭載されている超・衝撃吸収素材「エッグショック」

柔らかい赤ちゃんの頭を万が一の衝撃から守ってくれます。

コンビのチャイルドシートと言えば「エッグショック」というぐらい独自の性能なので、これが搭載されたモデルを選ぶことをおすすめします。

*ウィゴーはエッグショックあり・なしがあるので要注意。

 

新生児~4歳頃までのコンビ ウィゴーへ

新生児~7歳頃までのコンビ ウィゴーへ

 

【~4歳まで】コンビ ウィゴーのおすすめと違い解説

新生児~4歳頃までのコンビ ウィゴーは4種類です。

  • ウィゴー メッシュ LH
  • ウィゴー エッグショック LH
  • ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LH(LG)
  • ウィゴー グランデ サイドプロテクション エッグショック DK

単純に「名前が長い=性能が高い」という認識でOKです。

それでは1つずつ見ていきます。

 

ウィゴー メッシュ LH

ウィゴーの基本モデル!

3Dメッシュ「エアスルーシート」を搭載し、サイドプロテクションありの基本モデルです。

通販なら約12,000円と安いですが、エッグショックなしなので正直おすすめできません。

 

ウィゴー エッグショック LH

エッグショックを搭載したウィゴーの基本モデル!

エアスルーシートやサイドプロテクションはもちろん、ヘッド中央にエッグショックが搭載されました。

*エアスルーシートは腰部分だけです。

 

ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LH(LG)

サイドプロテクションの範囲が広いサイドプロテクションαを搭載。

エアスルーシートも頭部・背面・座面と広範囲になっています。

LHとLGの違いは「色」と「発売日」

  • LH:2020年
  • LG:2017年

新しいのはLHですが、機能・性能は同じなので、色で選べばOKです。

 

ウィゴー グランデ サイドプロテクション エッグショック DK

 

  • 3層構造のサイドプロテクションα
  • エッグショック
  • メッシュ帆
  • イージームーヴレスト
  • エアゲート&3Dメッシュ

 

新生児~4歳頃までのウィゴーの最上位モデル!

ウィゴーの特徴でもあるサイドプロテクションにプラス2層を加え、3層構造のサイドプロテクションαを搭載。他モデルよりも横の衝撃から赤ちゃんの頭を守れます。

ヘッドレスト&肩ベルトが連動して調節できる「イージームーヴレスト」、本体に通気口を設けた「エアゲート」など嬉しい機能が満載です。

さらにウィゴーで唯一、帆が付いています(取り外し可)

安全性・機能性で選ぶなら「ウィゴーグランデ サイドプロテクション エッグショック DK」がおすすめです。

【比較表】コンビ ウィゴーはどれがいいのか?

おさらいも兼ねてコンビ ウィゴーを比較してみます。

*ウィゴー メッシュLHはエッグショックなしなので除外しました。

 

商品名 ウィゴー エッグショックLH
ウィゴー サイドプロテクション エッグショックLH
ウィゴーグランデDK
値段 約17,000円 約21,000円 約25,000円
サイドプロテクション
サイドプロテクションα × 〇(2層) ◎(3層)
エッグショック
エアスルーシート 腰部分のみ 頭部・背面・座面
エアゲート × × 〇(本体の通気口)
ヘッドレスト調節 × × 7段階(肩ベルト連動)
× × あり
洗濯 シートは取り外して洗濯OK
取り付け方法 シートベルト取付
安全規則 UN(ECE) R44/04

 

やはりチャイルドシートの性能面ではウィゴー グランデが圧倒的ですね。

 

次におすすめなのは「ウィゴー エッグショックLH」

サイドプロテクション・エッグショックなど基本的なコンビの特徴を備えたモデルで、お財布に優しいです。

【~7歳まで】ウィゴー ロングの種類と違い

コンビ ウィゴーのロングユースタイプは以下3種類

  • ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショック IJ
  • ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH
  • ウィゴー ロング HI

商品名が長すぎますねww

けど、商品名が長い方が機能性が高いと思えば分かりやすいです。

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショックIJ

  • 24段階ヘッドレスト調節
  • サイドプロテクションα
  • エッグショック
  • エアスルーシート
  • 3段階リクライニング

ウィゴー ロングの最上位モデル「IJ」

ヘッドレストが24段階に調節できるので、身長に合わせて頭部をフィットさせれます◎

2重構造のサイドプロテクションαやエッグショック、広範囲に搭載されたエアスルーシートなど性能は申し分なし。

シートベルト取付&1台でOKのチャイルドシートならこれがおすすめです。

ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH

ウィゴー HHの違いはヘッドレストの調節不可。

最上位モデル「IJ」はヘッドレスト24段階調節ですが、HHは調節ができません。

それ以外は同じです。

ウィゴー ロング HI

ウィゴー ロングの基本モデル!

発売日は1番新しいんですが、性能は1番シンプルなチャイルドシートです。

「エッグショックなし・サイドプロテクションαなし・ヘッドレスト調節不可」と、ウィゴーの良い点を全部無くした設計ww

値段は約22,000ですが、ぶっちゃけメリットがありません。

【比較】ウィゴー ロングはどれがいいのか?

結論から言えば、ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショック IJがおすすめ◎

というか、ロングユースタイプなら「IJ」一択です!

 

分かりやすいように比較表を作りました。

性能順(左から)

 

商品名 ウィゴー ロング IJ
ウィゴー ロング HH
ウィゴー ロング HI
値段 約30,000円 約30,000円 約22,000円
サイドプロテクション
サイドプロテクションα ×
エッグショック ×
エアスルーシート 頭部・背面・座面に搭載
ヘッドレスト調節 24段階 × ×
洗濯
取付方法 シートベルト取付
安全規則 UN R44/04

 

値段だけ見るとウィゴー ロングHIは魅力ですが、エッグショックなし・ヘッドレスト調節なしとコンビ ウィゴーを選ぶ意味がありません。

 

HHとIJ(最上位モデル)の値段が通販だと一緒なので、7歳頃までのチャイルドシートなら

「ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショック IJ」がおすすめです。

まとめ

コンビのチャイルドシート「ウィゴー」の種類と違いを見てきましたが、どうでしたか?

最後におさらいも兼ねて選択肢をお伝えします。

・4歳頃までなら「ウィゴー グランデ サイドプロテクション エッグショック DK」もしくは、基本モデルの「ウィゴー エッグショック LH」

・7歳頃までのロングユースタイプなら「ウィゴー ロングムーバー サイドプロテクション エッグショック IJ

どちらも最上位モデルが1番いいと思います。名前が長いやつですww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です