【開催中】楽天お買い物マラソン

【比較表】アップリカ フォームフィットABやACの違い!シートやカラーに注目

アップリカのチャイルドシート「フォームフィット」

1歳~11歳頃までのロングユースのチャイルドシートですね。

フォームフィットABやACって何が違うの?

メーカーに問い合わせてみます

ということで、アップリカ フォームフィットの種類と違いを解説します。

MEMO

この記事ではアップリカに問い合わせて分かった、フォームフィットAB、ACの違いを紹介。

R129のフォームフィットISOFIXの違いも比較しているので何でも聞いてください。

フォームフィットACとABの違い

2021年4月に新しくフォームフィットACが発売されました。

ACとABの違いはサイドサポートクッションの有無!

違いは以下2点

  1. サイドサポートクッションの廃止
  2. カラーの違い

サイドサポートクッションの廃止

フォームフィットABには18kg(4歳頃)になるまでしっかり姿勢をサポートする「サイドサポートクッション」が付いていました。

しかし、新しいモデル「AC」ではなくなっています。

カラーの違い

  • AC:ブラック
  • AB:ネイビー、ブラック

ABのアイアンブラックは黒×グレイだったのに対して、ACはブラック単色になっています。

ACとABはどっちがいい?

通販の平均価格を調べました。

  • フォームフィットAC:約31,000円
  • フォームフィットAB:約31,000円

どちらも似たような価格になっています(時期によって変動あり)

しかし、ABには「サイドサポートクッション」が付いているので、現状ではフォームABをおすすめします◎

*サイドサポートクッションは取外しできます。

 

ブラック単色が欲しいならACでもありかも?

⇒フォームフィットをまとめた比較表はこちら

フォームフィットの種類

アップリカ フォームフィットは5種類あります。

  • フォームフィット
  • フォームフィットAB
  • フォームフィットAC*new
  • フォームフィット ISOFIX 360°セーフティー
  • フォームフィット ISOFIXセーフティープラス
  • フォームフィット ISOFIXセーフティープラスAB*new

フォームフィットは全モデルがISOFIX取付です。商品名に「ISOFIX」がある機種は新安全基準R129となります。

それでは1つずつ違いを見ていきましょう。

フォームフィット

2017年12月に発売されたフォームフィットの基本モデル。

最大の特徴である「ぐんぐん成長レバー」を搭載し、高さだけでなく横幅も広がるチャイルドシートです。

ヘッドレストには衝撃吸収素材マシュマロGキャッチを採用するなど安全性も高くなっています。

MEMO
スペックがフォームフィットABと全く同じなので、在庫があるカラーはフォームフィットABとして販売されています。

フォームフィットAB

2019年7月に発売されたフォームフィットAB。

従来品に比べ、背中の真ん中がメッシュ素材になり通気性が上がりました。

値段も同じなので安全規則R44ならフォームフィットABを購入しましょう。

⇒比較表へ

フォームフィットAC

2021年4月に発売されたフォームフィットAC。

ABにあった「サイドサポートクッション」がなくなっただけで、同じ商品です。

ブラック単色カラーで発売されたマイナーチェンジになります。

⇒比較表へ

フォームフィット ISOFIX 360°セーフティー

2020年7月に発売されたフォームフィット。

横からの衝撃を軽減する【サイドシールド】を搭載した新安全規則R129のチャイルドシートです。

本体重量13.2kgで、フォームフィットABよりも+0.8kgと少し重くなっています。

使用期間は1歳頃~10歳頃まで(身長76cmかつ月齢15カ月以上から身長135cm)

MEMO
まだ生産終了のアナウンスはないですが、在庫がなく購入できない状況です。

フォームフィット ISOFIX セーフティープラス

2021年7月に発売されたR129の2代目。

フォームフィット ISOFIXセーフティープラスの違いは「肩ベルトホルダー」

▼マグネット式の肩ベルトホルダー

乗せおろしの際に肩ベルトを両側に留めれます(マグネット式なのでピタっとくっつく)

これ以外は旧モデル「フォームフィット ISOFIX360°セーフティー」と同じです。

⇒R129のフォームフィット比較表へ

フォームフィット ISOFIX セーフティープラスAB

2022年7月に発売されたR129フォームフィットの最新モデル。

フォームフィットISOFIXセーフティープラスABではマシュマロGキャッチがヘッドレスト中央にも搭載されました。

1つ前のモデルが左右だけでした、新たに中央にも搭載されています。

*これ以外は前作と同じ。

⇒R129のフォームフィット比較表へ

フォームフィットの比較表

フォームフィットを安全基準R44とR129に分けて比較します。

【R44】フォームフィット3機種

MEMO
初期モデル「フォームフィット」はもう在庫がほぼない&フォームフィットABとスペックが一緒なので比較表には入れていません。

*通販の平均価格

商品名 フォームフィットAC
フォームフィットAB
発売日 2021年4月 2019年7月
値段 約31,000円 約31,000円
サイズ W440~485×D515~580×H645~820 W440~485×D518~580×H644~822
本体重量 12.3kg 12.4kg
シート素材 メッシュ(頭部・背面・座面)
マシュマロGキャッチ ヘッドレストの左右
サイドサポートクッション ×
ぐんぐん成長レバー ◎(ヘッドの高さに合わせて横幅も広がる)
お手入れ 洗濯機OK(シートカバー・肩パッドカバー)
取付方法 ISOFIX & トップテザー

まずおすすめなのはフォームフィットAB

値段が一緒で、ABには取外し可能なサイドサポートクッションもあるので、おすすめです。

ブラック単色が欲しい場合はフォームフィットAC

【R129】フォームフィット ISOFIXの2機種

新安全基準R129のフォームフィット ISOFIXを比較してみましょう。

MEMO
Apricaの商品ページでR129の初期モデル「フォームフィット ISOFIX 360°セーフティー」がまだ掲載されていますが、おそらくもう生産終了していると思います。在庫がなく購入できないので、比較対象から外します。

*通販の平均価格

商品名 フォームフィット ISOFIX セーフティープラス
フォームフィット ISOFIX セーフティープラスAB
発売日 2021年7月 2022年7月
値段* 在庫なし 約38,000円
サイズ W440~505×D515~570×H650~775
本体重量 13.2kg
スムーズベルトホルダー
マシュマロGキャッチ ヘッドレスト左右 ヘッドレスト左右&中央
ぐんぐん成長レバー
ムービングシート
サイドサポートクッション
お手入れ シート・肩パッドカバーともに洗濯機OK
取付方法 ISOFIX & トップテザー
安全基準 UN規則(UN-R129/03)適合

R129は「フォームフィット ISOFIX セーフティープラスAB」

衝撃吸収素材マシュマロGキャッチがヘッドレスト中央にも搭載されたので、お子さんの頭を衝撃から守る性能が向上しています。

通販では「フォームフィットISOFIXセーフティープラス」がもう売っていません。

シートベルト取付を選ぶなら?

アップリカのフォームフィットはISOFIX固定のみですが、

同じロングユース(1歳~11歳頃)にはエアグルーヴがあります。

エアグルーヴはシートベルト取付のため値段が半額ほどでお財布に優しいのが魅力です◎

別記事で種類と違いを解説しているので良かったら参考にしてください。

アップリカ エアグルーヴの種類!AE・AD・ACやプレミアムの違いとは?

まとめ

アップリカのチャイルドシート「フォームフィット」の違いを紹介しましたが、どうでしたか?

フォームフィットABとACの機能性の違いはありませんが、サイドサポートクッションがあるのでABの方がいいと思います。

あとは横側の安全性(横からの衝撃軽減)も求めるならR129のフォームフィットを選びましょう。

R129なら値崩れしてきたのでフォームフィット ISOFIXセーフティープラスがおすすめです。

2 COMMENTS

sewage2009

アップリカのHPを読んだだけでは違いがよく分かりませんでしたが、本稿はとても分かりやすい記事で、大変参考になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。