【開催中】楽天お買い物マラソン

アップリカ クルリラADとACの違い!ライトやプラス、ビッテプロテクトも比較

アップリカのチャイルドシート「クルリラ」

従来通りの回転式イス型ですね。

クルリラのACとADは何が違う?

シートの素材が違うよ!

ということで、アップリカ クルリラの種類と違いを解説します。

MEMO

この記事では実際にアップリカに問い合わせて分かったクルリラの違いをお伝えします。

ADとACの違いやクルリラプラス、ビッテプロテクトも比較しているので、何でも聞いてください。

アップリカ クルリラACとADの違いとは?

まずお伝えしたいのが・・・

クルリラACとADの安全性や機能性は同じ!

この2つはほぼ同じ商品です。

 

しかし、商品名が違うのは以下の違いはあるからです。

  • 発売日
  • シートの構造・素材
  • カラー

1つずつ見ていきますね。

発売日の違い

  • クルリラAD:2020年10月
  • クルリラAC:2017年7月

クルリラADの方が新しいモデルですね。

シート構造・素材の違い

ここが1番の違いになります。

  • クルリラAD:シルキーエアー
  • クルリラAC:スプリング構造体ブレスエアー

新しいクルリラADには汗をかきやすい背中とおしり部分に通気性、クッション性、体圧分散性がある「シルキーエアー」が採用されました。

ADの方が通気性&クッション性が優れています◎

カラーの違い

▼クルリラAC(2017年)は3色

 

▼クルリラAD(2020年)は2色

新しいクルリラADの方が見た目も洗練された印象です。

テラコッタは・・・不人気だったかなw

ネイビーとグレーの2色展開になっています。

クルリラADとACはどっちがいい?

選ぶ上で重要になってくるのが値段ですよね?

*通販の平均価格

  • クルリラAD:約40,000円
  • クルリラAC:約37,000円

通販ならそこまで差がないので、クッション性と通気性がUPしているクルリラADがおすすめ◎

 

ちょっとでもお財布に優しい方を選ぶならクルリラACです。

安全性は変わりません(どちらも安全基準R44)

アップリカ クルリラを比較。ライトの違いとは?

クルリラは安全規則R44とR129(クルリラプラス)がありますが、まずはR44のクルリラを比較してみます。

安全規則R44
  • クルリラAD
  • クルリラ ライト
  • クルリラ プレミアムAB
  • クルリラAC

*クルリラ プレミアムABは赤ちゃん本舗限定モデル(商品自体はクルリラACと同じ)

*価格は通販の平均値

商品名 クルリラAD
クルリラAC
ライト
*価格 40,000円 37,000円 35,000円
シート シルキースルー スプリング構造体ブレスエアー
ヘッド マシュマロGキャッチ なし
あり なし
カラー グレー、ネイビー グレー、ネイビー、テラコッタ モダングレー、ライトグレー
取付方法 ISOFIX、シートベルト取付
洗濯 洗濯OK(手洗い推奨)
安全基準 UN規則(UN-R44/04)適合

ライトの違いは「マシュマロGキャッチ」と「帆」がありません。

頭部の衝撃吸収素材(マシュマロGキャッチ)がないのは微妙ですね・・・帆もなくて、通販だと値段差がACより-2,000円だけ。

正直、クルリラ ライトを買うメリットはありません

 

やはり通気性&クッションが高いクルリラADが1番おすすめです。

 

少しでも安い方がいいならクルリラACでもいいと思います。

他メーカーの比較対象は?

クルリラとよく比較されるのがコンビのクルムーヴです。

「回転式、シートベルト取付、R44」と性能が似ているため、当ブログでも比較してみました。良かったら参考にしてください◎

クルリラとクルムーヴを比較!回転式イス型チャイルドシートはどっちがいい?

クルリラ プラスやビッテプロテクトの違いとは?

細かい違いはありますが、まず知っておきたいのが・・・

クルリラプラス&ビッテプロテクトの違いは「安全規則」と「取付方法」!

プラスやビッテプロテクトは新しい安全規則R129のチャイルドシートです。

通常のクルリラはISOFIXとシートベルト取付の両方に対応していますが、プラスやビッテプロテクトはISOFIXのみ。

安全基準R129
  • クルリラ プラス360°セーフティAB
  • クルリラ ビッテプロテクト(アカチャンホンポ限定)
  • クルリラ プラス AB(ベビーザラス限定)

3種類あるので、1つずつ見ていきましょう。

MEMO
「クルリラ プラス」や「クルリラ プラス360°セーフティ」は生産終了のため、比較から除外しました。

クルリラプラス 360°セーフティAB

2020年3月発売。

アップリカのクルリラの中で最上位モデル!

マシュマロGキャッチに加え、全身マモールクッション・サイドシールドを搭載した安全性の高いチャイルドシートです。シートにはシルキースルーを採用し通気性も◎

旧モデルから新たにシートベルトを留めておける「スムーズベルトホルダー」が搭載され、乗せ降ろしが楽ちんになっています。

R129の回転式イス型ならクルリラ プラス 360°セーフティABがおすすめです。

クルリラ ビッテ プロテクト

2021年4月に発売されたアカチャンホンポ限定モデル。

クルリラ ビッテ プロテクトの違い
  • 前向き回転防止ロック
  • レッグサポートインジケーター
  • オープンサイドシールド
  • リクライニング6段階(-1)
  • フットステップなし

15か月未満に間違って前向きで使用しないためのロック機能や、足元の突っ張り棒がしっかり地面に着いているかを確認できる「レッグサポートインジケーター」が搭載されています◎

そのかわり、リクライニングが6段階(マイナス1段階)と少なくなってフットステップもありません。

▼サイドシールドの違い

ビッテプロテクトのサイドシールドは股ベルトを起こすと自動で開きます(クルリラプラスは手動で開く必要がある)

サイドシールドは開き方に違いがありますが、安全性能はとくに優劣はありません。

MEMO
ビッテプロテクトは赤ちゃん本舗のみで75,900円(税込)で販売中。クルリラ プラス360°セーフティABが通販で約57,000円(税込)で買るので、正直メリットはないと思います。

クルリラ プラス AB

2021年3月に発売されたベビーザラス限定モデル。

クルリラプラス ABは「サイドシールド」と「スムーズベルトホルダー」がありません。

しかし、価格は税込59,999円です(クルリラプラス360°セーフティABの方が安い)

クルリラプラスは最新モデル1択

クルリラプラス 360°セーフティーABが機能性が1番良いのに値段は1番安いです◎

ビッテプロテクト(アカチャンホンポ限定)やクルリラプラスAB(ベビーザラス限定)といった販売店限定モデルは値段が高いのにメリットがないので意味がありません。

そのため、安全基準R129は【クルリラプラス 360°セーフティAB】1択です。

まとめ

アップリカ クルリラの種類や違いを紹介しましたが、どうでしたか?

クルリラADはACに比べて通気性&クッション性がUPしているのが分かりました。クルリラライトは帆やマシュマロGキャッチがないのに値段がそこまで安くないので、メリットはないですね。そのため、R44ならクルリラADがおすすめです。

R129の場合はクルリラ ビッテプロテクトが良い点と悪い点があり、値段が高過ぎるので現状では、クルリラプラス 360°セーフティABを買うのがいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です