【開催中】楽天お買い物マラソン

【比較表】リーマンのカイナvinteとカイナSの違い!スペックに変化なし

リーマンのチャイルドシートで人気の「カイナシリーズ」

リーマンのカイナvinteは何が違うの?

メーカーに問い合わせてみるよ

ということで、リーマンのカイナシリーズの疑問を解決します。

MEMO
この記事ではカイナvinteとカイナSの違いを解説。さらに、カイナシリーズの種類や取扱店もまとめたので参考にしてください。

リーマンのカイナvinteとカイナSの違い

まずお伝えしたいのが、

カイナvinteとカイナSの機能性は全く一緒!

つまり同じ商品ということです。

 

けど商品名が違うのは以下の微妙な違いがあるからです◎

  1. デザイン・カラー

デザイン・カラーの違い

▼カイナS

カイナSはブラック、ブラウン、ネイビーの3色。

ステッチの色がアクセントになった今風のデザインです◎

▼カイナVinte

カイナVinteは「ヴィンテージ」「レトロ」をイメージしたカラーリングです。

機能性は同じ商品。カイナはどれを買ってもOK

カイナVinte、カイナSともに性能、機能性は一緒ということが分かったので色(デザイン)で選べばOKです。

値段も同じなので好きな方を購入しましょう。

カイナの種類!シリーズの変化の歴史

カイナは今までに4つの種類が発売されています。

  • カイナ
  • カイナS
  • カイナVinte
  • カイナ キャノピーα

初期モデル「カイナ」は2018年に発売され、後継機としてカイナS、カイナVinteが発売されています。

カイナ

カイナの初期モデル。

新生児~7歳頃まで使えるロングユースモデルとして発売されました。幼児用パッドや3段階リクライニング、ヘッドレスト高さ調節など、できるだけシンプルなスペックでコスパを追求した1台という印象です。

MEMO
レッドがけっこう人気だったんですが、現在は生産終了して在庫もありません。

カイナS

前作からデザインを一新したのがカイナS。

今風という表現がぴったりな落ち着いたデザインとなっています。スペックはカイナと同じで、現在も販売されています。

カイナvinte

2021年の最新モデル「カイナVinte」

商品名にもなっているVinteはヴィンテージのスペルで、デザインがヴィンテージ・レトロをイメージしたものに変更されました。

カイナvinteとカイナSの違いでもお伝えしましたが、スペックは一緒で見た目が違うだけなので好みで選べば問題ありません◎

MEMO
スペックが一緒なのでリーマン公式ショップ「sopo la bebe」では【カイナ vinte/s】という風に1つの商品として販売されています。

カイナ キャノピーα

カイナにキャノピー(帆)が付いた機種です。

カイナ キャノピーαはブラウンのみですが、西松屋ではカイナ キャノピーのレッドが売っています。

*商品名のαの有無でスペックに違いはありません。

【比較表】リーマン カイナ3種類を比較してみた

おさらいも兼ねて、カイナ3機種を比較してみます。

*通販の平均価格

商品名 カイナvinte
カイナS
キャノピーα
*値段 9,980円 16,280円
カラー オルドオレンジ
アンティベージュ
ブラック
ネイビー
ブラウン
ブラウン
レッド
サイズ W.440×D.650×H. 500mm
重量 5.3kg 5.5kg
シート 3Dメッシュ
リクライニング 3段階
ヘッドレスト 高さ調節可能
なし あり
お手入れ シートカバーは外して洗える(手洗い推奨)
取付 3点シートベルトによる固定
安全基準 UN R44/04

*値段は通販の平均価格

比較表で見ると分かりやすいですね。

性能はもちろんサイズや取付方法も一緒なので、カイナvinte/カイナSがおすすめですね。

帆ありが欲しい方はカイナ キャノピーαを選びましょう。

【写真】軽自動車でも2台乗せれるカイナのサイズ感

リーマンのカイナは重量5.3kg&幅44cmとコンパクト設計なので、軽自動車でも圧迫感がありません。

*カイナ(左)、エールベベ(右)

軽自動車でも後部座席に2台設置できます。エールベベのチャイルドシートに比べても、かなりコンパクトですね。

圧迫感のないコンパクトなチャイルドシートが欲しい方にもカイナはおすすめ◎

奥行きに関して
カイナは奥行きが65cmありますが、ネディ(新生児期~4歳頃)は53cmと-12cmです。奥行きが小さい方がいいならネディも検討してみてください。

合わせて検討したいチャイルドシート

カイナSは新生児から7歳頃までのチャイルドシートです。

日本メーカーで安いという特徴がありますが、同じ使用期間でバリアント(Joie)やコキーユ(ピジョン)などがあり、機能性や値段に違いがあります。

リーマンにこだわっているという理由がなければ、1度比較して検討するのもいいと思います。

新生児から7歳頃までのチャイルドシートをまとめたので良かったら参考にどうぞ。

【比較】新生児から7歳までのチャイルドシート!回転式やisofix、安いものまで

まとめ

最後にリーマンのカイナvinteとカイナSの違いをまとめます。

  • 基本性能は同じ
  • カラー、デザインが違う
  • 見た目的にはカイナSかな

一言で伝えると、同じ商品なのでどっちを買ってもいい!という結果になりました。

値段が一緒なのでデザイン性でカイナSかなと思います。あとはキャノピー(帆)が欲しいかどうか?で選びましょう。

【2021年】リーマンのおすすめチャイルドシート5選!理由をお伝えします!リーマンのネディの種類と違い!lifeやluluから店舗限定モデルまで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です